【困ったクライアントあるある】勝手にしゃべられる、無視される、休憩なく会議が続く、、、

ブログ担当の酒井です。

通訳者にとっての「困ったあるある」「しんどいクライアントあるある」に、「会議参加者が通訳(私)の存在を無視して勝手に話しまくる」というのがあります。他にも「無視される」「休憩なく会議が続く」なんてものも。あなたもどこかで経験したか、どこかで耳にしたか、いずれにせよ「あぁ、あるある」なんて思ってもらえるんじゃないでしょうか。

それって、なんで起きるんでしょう? 防ぐ方法、あるんでしょうか?

 

実はこの手の話は通訳者だけに限った話ではありません。もちろん、「話者(日本人)が自分でつたない英語(何語でもいいです)で説明し始めて、通訳者は入るタイミングがつかめず、つたない英語で説明を受けてしまった相手方(外国人)は言ってる意味がつかめずにポカン・・・(でも話者はつたない英語で話し続け、しゃべり終わって伝わっていないようだと気付くと、通訳者を見て「訳してください」までがデフォルトでしょうか笑)」なんていう事象は通訳ならではですが、似たようなことはいろんなビジネスで起きています。どういうことかというと・・・

要は、なめられてるんですよ、あなた。

通訳者に限らない、と書きましたが、本質的に同じような問題は、コーチ、コンサル、カウンセラー、その他、会社勤めの営業担当にも起きています。「お客になめられ問題」ですね。

例えば、コンサルタントがお客になめられているケース。コンサルタントは基本的にクライアントから「解決を手伝ってください」とお願いされて、アドバイスを求められている存在です。だからコンサルもアドバイスをするんですが、、、

「だったら、こうやったらいいですね」「次回までにこれとこれを調べて用意しておいてください」なんてアドバイスや依頼に対して・・・ 次に会った時に何が起きるかというと、「すみません、できてません」とか、「あのあと考えてみたんですがやっぱりなんだか違う気がして・・・」なんてことが起きます。いわゆる「クライアントが約束したことやってくれない問題」です(そんないわゆるはない?)。

コーチやカウンセラーもそう。「〇〇しましょう」に対して「いや、それは、、、」とかで話が進まないとか、営業担当者は取引先の担当者から納期や価格について無茶を言われる。

要は、なめられてるってことが本質的な問題。

あなたが尊敬している相手が時間を割いて話を聴いてくれる、アドバイスをしてくれる、こんな場面があったら、きっとあなたは相手の話をさえぎったりせずに、「なるほど」と話を聴きますよね。そうなっていないということは、あなたの「ポジショニング」「プレゼンス」に改善の余地があるということです。

 

会議が始まった瞬間から、いや、実は会議が始まるその前から、ポジション取りのゴングは鳴っています。あなたはいかに会議の参加者になめられないように、ヒエラルキーの上の方、発言が尊重されるポジションを取るのか、そこに気を配る必要があります。そのポジション取りさえうまくいけば、あなたの発言は他の参加者に尊重され、無視されることなんてありませんし、「すみません、その部分は私に通訳を任せていただいてもいいですか?」と英語を話したがる会議参加者をたしなめることだってできるわけです。

あなたが会議参加者から「俺が言ったことを外国語に置き換えるだけの人」なんて「判定」されてしまった瞬間に、相手は「なんで俺が通訳者なんかに指示されなきゃいけないんだ」「俺の言うことを黙って訳してればいいんだ」というマインドになってしまうかもしれません。そこからポジションを逆転させるのは、ちょっと厳しい。( ”通訳者なんか” とか ”黙って訳す” なんて表現はあえて使ってます(^_^) )

こんな状況に陥らないために考えるべきことのひとつが「プレゼンス」。”どのように見えるか” ってことですね。「私は黒子(くろこ)だから…」という裏方根性を全開でその場に臨む通訳者と、「出しゃばったりはしないけれどプロとしてバッチリ貢献します」と堂々と望む通訳者と、相手にはどんな風に見えるでしょうか。そしてあなたは、どんな風に見られて、どんな風に扱われたいでしょうか。その希望に沿ったプレゼンスを取っていますか?

 

今日の記事は極端な表現を使ったり、端折ったりしている部分もあるので、もしかしたら誤解を招いてしまうかも、という不安もありますので、「そういうことじゃない」ことを書いて締めておきますね。

  • クライアント=神様、じゃない
  • ポジション取り=闘い、じゃない(ゴング、って書いてますけどわざとです)
  • ポジション取り=マウンティング、じゃない
  • ポジション取り=偉そうに振る舞う、じゃない
  • 通訳は黒子=通訳は意見を言わない、じゃない
  • 通訳は裏方=通訳は決して表に出ない、じゃない
  • 通訳者=通訳してればいい人、じゃない

まあこの辺は文章じゃ限界はありますね笑。気になることがあればご意見をお寄せください。匿名でも送れます。

 

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*