そのこだわりは誰のため?

ブログ担当の酒井です。

通訳者、翻訳者というお仕事に誇りを持っている方も多いと思います。自然とこだわりも出てくるものです。中には「通訳」「翻訳」の区別、使い分けにもこだわっている方も。

でも、そのこだわり、誰のため?

 

通訳コーディネータ時代、海外のクライアントや通訳エージェントとやり取りをすることがありました。英語でのやり取りになるのですが・・・

僕は通訳者を手配して欲しいので、当然メールでも「interpreter」と書きます。そしたら相手からはかなりの確率で「translator」の話題になって返ってきます。これ、最初はすごーく不安でした。

「いやいや、こっちは現場にでてスピーキングをしてくれる interpreter が欲しいねん。在宅で翻訳をする translator の話ちゃうねん」

念のためにこんな確認をしたこともあります。

でも、そのうちにわかってきました。海外のクライアントや通訳エージェントは僕らが日本で厳密に「通訳=interpreter」「翻訳=translator」と使い分けてるほど気にしてないってこと。どちらも一緒くたに「translator」と表現するようだ、と。(絶対じゃないでしょうが少なくとも僕の経験ではそう)

そのうちこちらも気にせずに「translator」で流すようになりました。自分が書くのは違和感があったので「interpreter」で通してましたけど笑。

 

さて、通訳者さんの中にもすごくこだわる方がいます。

通訳コーディネータという立場の僕の場合は「業務や連絡に行き違いがあってはいけない」という理由で多少のこだわりはありましたが、上に書いたように業務に支障がなければ流す程度です。

通訳者さん本人の場合はおそらくそんな僕とは違って「職業的なこだわり」が大きい気がします。「translator」と「interpreter」は違うものなんだと。どちらが上とか下とかじゃなくて、何かこだわりがあるんでしょう。

そんな時に思うわけです。

 

「・・・そのこだわりは、誰のため?」

 

まあ、もっと言えば「それって、ビジネスにプラス? クライアントにとってプラス?」ということなんですけど。

中には「自分のこだわり」にこだわり過ぎて結果的にお仕事に支障が出る場合もあります。翻訳チェッカーが自分の「表現」にこだわって、アクセプタブルな訳文をどんどん修正しちゃう、なんてケースですね。気持ちはわかりますが、困っちゃうわけ。

お仕事に誇りを持ってこだわりを持つことはとても大事ですが、独りよがりにならないように気を付けたいところですね。

 

ちなみにいつも読んでいるブログでこんな記事がありました。「通訳翻訳業界に関わらない一般の方はそんな認識だよねー」とよーくわかった気がしました(^_^)

アメリカの車道は、日本とは反対で右側を走ります。そして、信号待ちをしている時、誰もいないことを確認できたら、右折をしても良いのです。先日の米国出張で知りました。

〇〇
「え、この車、赤なのに進んだぞ、、、」

翻訳者
「あぁ、それはね、アメリカは日本と違って、これがokなのよ」

〇〇
「え、そうなんですか」

さすが自由の国アメリカ。

 

ね、ほんとは明らかに「通訳者」ですけどね。でもここにこだわる意味って、あまりないように思います(^_^)

 

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介