ONE PIECE 尾田先生の「なにウダウダやってんですか」という言葉に学ぶ

マンガ「ONE PIECE」、ご存知の方も多いと思います。

今日はその作者、尾田先生が漫画家を目指す方に出したメッセージをシェアします。ソースは以下のページ。

 

ワンピ尾田氏が漫画家志望者に向けたアドバイスが正論と話題 「たった31ページ描くのに何ウダウダやってるんですか」

 

一部抜粋します。

同誌では、審査員の作家らからのアドバイスを含めたコメントが掲載されている。多くの作家が、既成概念にとらわれず情熱や言いたいことが伝わる漫画を待っていること、審査することが楽しみであることを述べる中、尾田さんのコメントはまさに叱咤激励といったものだった。

「手塚賞は半年に1回ですけど単純計算で19Pのストーリー漫画を半年間、週刊連載すると456Pの原稿を完成させる事になります。手塚賞は31Pです。たったそれしきの漫画を描くのに何をウダウダやってるんですか。学校やら何やら差し引いても楽勝です。だって数年後あなたは年間900Pを上げる人間なんだから。とりあえず31P読ませて下さい。頑張れっ!!」

抜粋は以上。

尾田先生から漫画家志望の方に向けたメッセージですが、これを通訳者を目指す方に置き換えたらどうなるでしょうか。

「私にはまだ通訳スキルが足りない、とか、自信がない、とか、不安だ、とか、何をウダウダ言ってるんですか。あなたは数年後、通訳者としてバリバリ活躍する人間なんだから。とりあえず現場に出て”通訳”をして下さい。頑張れっ!!」

…とか?(^_^)

この尾田先生のメッセージは、すごく人をやる気にさせる、モチベーションを上げるんじゃないかなと思います。

何か新しいことを始めたり、挑戦したりするのには不安が付きまといます。当然ですよね。不安が何ひとつないなら、それはすでに「挑戦」ではなくなっています。「不安なくできることをやる」のと「不安があるけどやる」には大きな開きがあります。「不安があるけどやる」ことで、初めて自信に繋がります。その結果がたとえ思ったような結果ではなくても、です。

じゃあ、その不安がある中で、どのように立ち向かう勇気を出していくか。そのヒントが、尾田先生のメッセージに含まれています。そのヒントとは、「未来から現在を見る」こと。

 

いまあなたの目の前に立ちはだかる壁や課題、挑戦は、いまのあなたからすると、とても大きく、「こんなの乗り越えられるのかな…」と思えているかもしれません。だから、登りだす前から迷いや不安が出るし、つい立ちすくんでしまうこともあるでしょう。

でも、「未来のあなた」から振り返ったその壁や課題は、どんな風に見えるでしょうか? 未来のあなた -- 通訳者としてバリバリ活躍しているあなた -- は、そんな壁や課題を乗り越えてその場に立っているはずです。そんな未来のあなたが、振り返って「いまのあなた」が感じている壁や立ちすくんでいる状況を見た時、どんなメッセージを送るでしょうか? 「不安だろうけど、乗り越えちゃえば大丈夫だよ!」って言ってあげたくなるんじゃないでしょうか。

例えば、数年前のご自分を思い出してみてください。数年前、なにか課題や壁を感じていた自分。いまのあなたはあたりまえにできることが「難しい、できない」と感じていた自分。当時の自分からは大きく見えていた壁や不安は、乗り越えてしまったいまのあなたから見ると、意外と小さく見えるんじゃないでしょうか。

喉元過ぎれば熱さを忘れる、なんて諺、、、普段はあまりいい意味で使われてないかもしれませんが、言い換えれば「喉元さえ過ぎてしまえば忘れられる」と表現することもできます。「熱さ」もずっとは続かない。そんな風に考えて、目の前の壁に、まずは取りついてみたらいいんじゃないでしょうか。少なくとも、「登るかどうかを壁の前で考え続ける」よりも、よほど自信が付きますよ。

 

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*