通訳翻訳ジャーナル 2017 SUMMER『収入と働き方』

ブログ担当の酒井です。

まだ読んでる途中ですが・・・

定期購読で届いた今号の通訳翻訳ジャーナルのテーマが興味深い。

通訳者・翻訳者のリアルとホンネ『収入と働き方』

詳細はリンク先から、になりますが(^_^)

 

通訳翻訳ジャーナル 2017 SUMMER 『収入と働き方』

■INTERVIEW リアルな年収&ワークスタイル
産業翻訳者編/通訳者編/映像翻訳者編/出版翻訳者編

■アンケートで探る 産業翻訳者のリアルな収入と料金
■稼ぐ人はどこが違う? 翻訳歴&取引先編/翻訳料金編/翻訳量・稼働時間編
■収入アップ&料金交渉はどうすべきか 産業翻訳編

■アンケートで探る 通訳者のリアルな収入と料金
■稼ぐ人はどこが違う? 通訳歴&稼働日数編/通訳料金編
■収入アップ&料金交渉はどうすべきか 通訳編

■アンケートで探る 映像翻訳者のリアルな収入と料金

■アンケートで探る 出版翻訳者のリアルな収入と料金

■通訳ガイドの収入&料金&需要の傾向

 

ふーん、フリーランス通訳転向6年目で年収1500万円、フリーランス翻訳転向5年目で年収800万円、達成している方の事例。映像翻訳で1000万円超えの事例。これはなかなか夢が持てるかもしれませんね。僕自身、読みながら『ふんふん、なるほど』と頷ける内容もありました。また僕個人の考えや捉え方は書いていきたいと思いますが。

普段は読んでない方も、今号は覗いてみるといいかもしれませんね。

 

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*