[ちょっとした詐欺!?] 通訳学校を選ぶポイント

ブログ担当の酒井です。 今日は寄せていただいた感想をご紹介します。感想を寄せていただけると励みになるので皆さんもお送りください (^_^)

 

「それって、ちょっとした詐欺じゃない!?」なんて・・・

 

寄せていただいた感想原文は以下の通り(匿名でいただきました)。

お世話になります。質問というより感想です。以前の通訳学校の記事そのとおりだと思います。ちなみに「面倒見のいい学校」という謳い文句でも、お仕事の紹介がお粗末な学校がありますね。まだ卒業まで行かない段階では、ちゃんとした通訳ではないけどコミュニケーション・サポート的通訳と翻訳の派遣で食いつなぐ人けっこういると思いますが、併設派遣エージェントがお粗末なところは、ほかのエージェントで稼いだお金を通訳学校に使うという羽目になります。フリーランスのほうはある程度仕事くれても駆け出しレベルの単発じゃ生活できないし。ないよりはいいけど。「スキルにあわせたお仕事でステップ・アップ」とかいう通訳学校の謳い文句はちょっとした詐欺だと思います。そうかと思うと、昔評判よくなかった学校が先生によってはいい授業してくれて事務局も意外と丁寧、さらに併設派遣エージェントが親身に仕事探してくれたりして。スクールだけの口コミじゃなくて、併設エージェント(派遣もフリーも)がどんなか調べてから学校選んだほうがいいですよね。

 

感想ありがとうございます! 嬉しいです。 申し訳ないことに『以前の通訳学校の記事』がどの記事のことかわからないんですが・・・(^^;)

こちらで示唆いただいている通り、通訳学校にも通訳エージェント(派遣エージェント)機能を持っている通訳学校と、持っていない通訳学校が・・・と思いましたが、通訳学校はほぼほぼ通訳エージェント機能も持ってますね。もともとのスタートが『自社で依頼できる通訳者をもっと増やさなくては!』というものですから、通訳エージェントが通訳を教える機能を持った、という流れでしょう。逆に、通訳学校機能を持っていない通訳エージェントはありますね。

スクールだけの口コミじゃなくて、併設エージェント(派遣もフリーも)がどんなか調べてから学校選んだほうがいいですよね。

ですね! この点、意外と見落としている方も多いかもしれませんね。

例えば、『国際会議でブースに入って通訳するような会議通訳者になりたい!』と考えているなら、僕はまずサイマル・アカデミーをおススメします。それは通訳学校としてレベルが高いとか、講師の質が良いとか、歴史があるから、とかそういうことではなくて、その通訳エージェント部門=サイマル・インターナショナルがそうした『国際会議』のお仕事をたくさん持っているとわかり切っているからです。(サイマル・ビジネス・コミュニケーションズはまた話が違ってくると思います)

極端な話、通訳案内士の育成機関もたくさんありますが、『国際会議で通訳をしたい!』と思っている人が通訳案内士の学校に入っても道のりが遠すぎるのはわかりますよね? そういうことです。あ、もちろん、ちゃんと意図した途中のステップ、足場固めというかステップアップの土台と考えて通訳案内士の学校に入るのはアリですよ。

『フレンチのシェフになりたい!』と夢を持っているのに、『あそこも”料理”を教えてるから』と東京すしアカデミーに入ってしまうようなものです。そこはちゃんとフレンチを教えてくれる料理学校に入らないと。

 

同時通訳もバリバリできる通訳者がサイマル・アカデミーに入学する理由

同時通訳ももちろんできる、すでにフリーランスとしてバリバリ通訳のお仕事をされているような通訳者さんがサイマル・アカデミーに入るとおっしゃることもあります。その意図は・・・

『通訳スキルのさらなる向上』というのはあるにしても(通訳者さんは職人タイプの努力家ですから)、本当はもうそれだけ通訳できてれば『必要十分』な通訳スキルはあるはずです。それなのに、数年、数十万円~数百万円かけてサイマル・アカデミーに通いなおすのは・・・ 大きくはこんな理由じゃないかなと思っています。

  • もっと自信をつけたい
    なんだかんだサイマル・アカデミーを最後まで修了した、というのは自信に繋がります。『お墨付き』を得てもっと自分に自信を持ちたいのかな、と。
  • サイマル・インターナショナルのお仕事が欲しい
    ビジネスモデル的に当然ですが、サイマル・アカデミーを成績優秀で修了すれば、サイマル・インターナショナルでの扱いはサイマル・アカデミーに入ってない(お金を払ってない)通訳者よりも良くなります(もちろんビジネスモデルとかお金だけの話じゃなく『うちの通訳学校で合格したなら安心だろう』という意味もありますが)。最初からそれを目的に通い始める方もいます。とても良い選び方だと思います。

 

こんな風に、通訳学校を選ぶ際にはその『通訳学校の空気・授業の質』が重要なのは当然の話として、『その先』まで見越して選ぶ基準にするのも重要です。せっかく時間とお金と労力を投資するんですから、慎重に選びたいですよね。

 

今回の感想を寄せていただいた方のおっしゃる通りで、でもこの点を見落としている方も多いのかなと思い、シェアをさせていただきました。投稿いただいた方、ありがとうございます。『私です』とご連絡いただければ何かプレゼント考えますね (^_^) 気が向いたらご連絡ください。

こうした感想、質問、歓迎です。以下のフォームからお送りください。

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*