通訳者が評価される瞬間

ブログ担当の酒井です。

この動画を見てください。1分くらいです。

なんとなく、通訳者さんと(そして、僕とも)同じだなーと思って。

これだけ跳んで、時間をかけて、最終的に読者の目に届くのは切り取られた一瞬、一枚だけ。そしてそんなことは、表紙を見ている(もしくは見てもいない)読者には想像もさせません。

通訳者も、気が遠くなるような普段の努力と、時間が許す限りの事前予習の上で通訳の現場に臨みますよね。そして現場以外の努力や時間は顧客には見てもらえません。見てもらえるのは、現場のパフォーマンスのみ。それはそれでいいのですが、、、

 

たまに『えっ?たった2時間で●万円もするの!?』と言うクライアントもいます。

そう言われたときに、『はい、●万円いただきます』と胸を張って言えるかどうか。

 

僕が通訳コーディネータになったばかりの頃、クライアントにこう言われて『うーん、でも相場だしなぁ』くらいしか返答が思いつかなかったことを思い出しました。それどころか、『確かに数時間で数万円かぁ、いい仕事だなあ』くらいに思っていた時期があることも白状します(-_-;)

が、この裏に隠れた努力や仕事に割く時間がわかるようになり、『高い』どころか『●万円もらっても割に合わない』こともたくさんあるだろうなと思うようになりました。

 

逆に考えると、特に駆け出しの通訳者さんの側で『高いレートを提示することがなかなかできない』というブロックを持っている方。そんな方には、ご自分の努力や投資した時間やお金を思い出してみてほしい、できれば書き出してみることをおススメしています。

自分自身がどれだけ時間とお金を使って努力してきたのか、スキルを磨いてきたのかを意識すると、『もっともらってもいい気がしてきた』なんて皆さんおっしゃいます笑。

 

あなたは、どうでしょうか。

本当は、いくらくらいのレートが提示できれば、してきた努力や投資が『報われる』と感じることができますか?

『レートが上がらない』と漠然と嘆くのではなく、『いくら欲しいのか』をまずは自分の基準を作ってしまうことも大切だと思います。

『投資した分は回収するべき』

これは僕自身も、そしてサポートを受けてくださる皆さんにも、とても大切な意識だと思います。さらに言えば、『投資した分』どころか、『投資した以上に回収するべき』と思っています。

ぜひ、自分自身に投資分を回収する意識を持ち続けましょう。そして、投資が先、回収は後、という意識も。

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介