【コーディネータこぼれ話】 思い込みで数年間も損をし続けていたハナシ(あなたも損してるかも)

今日のタイトルは「【コーディネータこぼれ話】 思い込みで数年間も損をし続けていたハナシ(あなたも損してるかも)」です。

以前も書いたかもしれませんが、私は翻訳部でリーダーを5年ほど務め、そこからの異動で通訳部のリーダーになりました。

翻訳のことも通訳のことも理解して対応できるコーディネータは私以外にはいなかったので重宝はされたものの、しばらくは二足の草鞋を履くことになって少しタイヘンだったことを思い出します。

通訳部に移ってからも、クライアントから翻訳のニーズが出てきたら、状況を見て全部自分で担当したりもしていたのですが、、、

移動して数年が経過しました。もちろん、クライアントも通訳者も、私のことは『通訳部』として認知しています。

ある時、長くお世話になっているクライアント担当者のKさんと電話で話をしていたら、ふと、訊かれました。

Kさん『酒井さんさー、仕事に関係なくて悪いんだけど、訊いてもいい?』

酒井『なんですかー?お答えできることならお答えしますよ』

Kさん『そう?実はいま、うちの方で翻訳しなきゃならないたくさん書類が出てきてて』

酒井『はぁ、翻訳ですね(うちにくれればいいのに)』

Kさん『そうなんだよね、で、酒井さんさ、どこか翻訳してくれるところ知らない?いまのところと相見積もりを取りたくてさ』

酒井『・・・・・・・・・・・はい?』

もう、ポカーンとしてしまいました。

酒井『えーーーー・・・・・と、、、うちじゃダメなんですか?』

Kさん『えっ?酒井さんとこ、翻訳やってるの?

酒井『は、はぁ、、、本業ですけど、、、』

Kさん『そうなのー?早く言ってよー、これまでもたくさんあったのに

いやまさか、数年間お付き合いをしていて、うちが翻訳をやっていることを知らなかったとは!

Kさんは、うちのことをあくまで『通訳エージェント』だと思っていて、翻訳はおろか人材派遣紹介業をやっていることもご存じありませんでした。

私の方も、まさかそれが認知されていなかったとは夢にも思っていなかったので、通訳業務で頻繁にやり取りをしていても、いまさら『翻訳ありませんか?』なんてお伺いは立てていませんでした。

さらに言えば、私の頭の中には『通訳をやっているんだから翻訳もやっているに決まってるでしょ』という、『自分勝手な思い込み』があり、それをKさんやクライアントにも押し付けていたということです。

ところがKさんの頭の中では、通訳と翻訳は『まったく関連性のないもの』だったわけです。(実際は関連付ける方もたくさんいると思いますが)

こんな小さな思い込みで、数年間も損をし続けていたわけです、、、

いま、このことを思い出して痛感するのは、

・買い手と売り手の認識にはズレがある(かもしれないと思え)

・買い手に対して売り手の商品・サービスを認知させるのは売り手の責任

・思い込みでチャンスを逃さないように、常に自動的にアピールできる仕組みが必要

なんてことです。

皆さんの場合はどうでしょうか?
ご自身が提供しているサービスをしっかりと漏れなく、ズレなく、クライアントに認知してもらえているでしょうか?

『製薬関連の通訳が得意』なあなたのことを、もしかしてクライアントは『たまに製薬関連の通訳もしているIT系の通訳者』なんて思っているかもしれませんよ!?

もし、通訳エージェントからの照会内容が、『なんでこの系統の仕事を私に回してくるんだろう』と思うようなものが多かったとしたら、、、

いちど、あなたの『セルフイメージ』とクライアント側の『あなたのイメージ』を確認してみたらいいかもしれません。

もしかしたら、『えーーーー!?製薬が得意なんですか?いつも通訳者がいなくて困ってたのにーーーー!』なーんてことに、なるかもしれませんよ。

 

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介