浅田真央さんだって引退する。あなたは?

ブログ担当の酒井です。

もう1週間以上たってしまいましたが(^_^;)、浅田真央さん、引退されましたね。

 

こう書くこと自体が年を取った気がしてきますが(^_^;)、表舞台に出てきた頃は年齢規定のためにオリンピックに出れなかったというのに、その真央ちゃんももう26歳、そして引退・・・うーん、時の流れ・・・

まあ流れた時間のことを嘆くのはやめておいて笑、本当にお疲れさまでしたと。

で、引退。

あなたはいつ引退しますか?

アスリートの寿命が短いのは事実。そして通訳者や翻訳者はそれよりは長いのは事実。70歳を超えて年間200日以上稼働している方もいらっしゃるわけですから・・・(あの方はあまりに特別過ぎるかな?笑)

ただ、長いとはいっても、齢を重ねて知識や経験、実績が増えていっても、体力や思考力は程度の差こそあれ段々と衰えてきます。僕が翻訳コーディネータをしていた頃、付き合いの長いある翻訳者さんに「すみません!急ぎのものなんですが・・・」と相談したところ、こう言われたことがとても印象に残っています。

 

「酒井さんごめんなさいね、お力になりたいとは思うんだけど、最近、自分でもアタマの働きが以前に比べて落ちているのを実感してるの。納期が短い案件もこれまで受けてきたけど、本当に自信がなくなっちゃって、お受けするときっと迷惑をおかけすることになるから・・・」

 

なんだかショックだったのを覚えています。急ぎの案件を断られたからじゃないですよ笑。これまでずっと、頼りにしていて、仕事をお願いしていたその方が限界を感じて翻訳ができなくなる・・・ 特に「翻訳者は生涯できる仕事」というなんとなくの思い込みがあった当時の僕には「そうじゃないんだ・・・」と現実を突きつけられた気がしました。(当時は翻訳者になろうかなという気がちょっとあったんです)

「一生通訳(翻訳)をやりたい」と思っている方、そうは考えていない方、いろんなスタンスがありますが、いずれ来る「引退」の前にどれだけの準備ができるか。これは早く考えすぎることはありませんよね。

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*