リピートの通訳依頼の可能性を高めるシンプルな方法

リピートの通訳依頼、欲しいですよね?

だとしたら… そのために、どんな工夫や行動をしていますか? 今日は特に「通訳エージェント経由で」通訳案件を請けているケースを想定してみます。

 

これ、意外と「いや、特に何もしてません…」という方が多いんじゃないでしょうか。もしかすると、こんな風に思っているのかもしれません。

「いい仕事をすれば次もきっと通訳依頼が来る…」

甘い!甘すぎる!

いや、確かにいい仕事をすれば次も通訳依頼が来ることはあります。でもそれって…最低限の条件ですよね? あなた以外の通訳者もっきっと、「いい仕事」してますよ。だとしたら、クライアントは誰にリピートを依頼すると思いますか?

答えは…

 

「誰もリピートしない」

 

です。

NGを出すこともなければ、特筆すべきかなりのパフォーマンスや満足度がなければ、心のどこかで「次はもっといい通訳者にあたるかも」と言う気持ちが出ますし、だとしたら何も言わずに「通訳エージェントに任せておこう」ということになります。そもそも、「通訳者が指名できる」なんて思いもしてないクライアントも結構いますよ。

で、カセツウの提案ですが…ごくシンプルです。それは、

「リピートのご依頼お待ちしてますね」とハッキリと伝えることです。

 

こう書いてしまうと、多くの方が、「なんだ、それだけ?」と思うかもしれません。でも、その「それだけ」をこれまでやっていましたかって話です。言えてないんじゃありませんか?

もちろんこれだけで確実にリピートが来るとは言いませんが、少なくとも、確実に、何も言わずに心の中で期待しているだけの通訳者よりは、よほどリピート依頼の可能性は高まります。なにより… そう伝えたら、なにか損すること、あります?

もし「言えない…」とすれば、もしかするとご自分の通訳に自信がないのかも…しれません。

明日からできるシンプルなリピート依頼確率アップ法でした。

 

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*