断ったら仕事はなくなるのか?

ブログ担当の酒井です。

仕事を断ると、それ以降の仕事はなくなってしまうんでしょうか、、、?

やっぱりせっかく照会してもらった仕事を断るのって怖いと思うんですよね。「じゃあもういいよ!」なんて思われて、二度と照会されなくなったらどうしよう、なんて心配してしまいます。

もちろん請けられるなら請けた方がいいとは思いますが、現実的にそれができないというなら、結局は断るしかないわけです。

だったら、「断っていいのかな…大丈夫かな…」なんて心配をするよりも、「上手な断り方」を覚えた方がよっぽど有益じゃないかと思います。

 

同じ「断る」にしても、やっぱり断り方ってあるもので、すごーく冷たい、そっけない「できません」だと照会したコーディネータ側も人間ですから「なんだかこの通訳者さん(翻訳者さん)、怖いな・・・」なんて感じて次の照会がしづらくなることはあります。

実際僕が通訳コーディネータ、翻訳コーディネータをしていた頃、あったりまえの話ですがお仕事を照会して断られたことなんて無数にあります。中には上に書いたように「こわっ」と思う断られ方もありますし、逆にこちらが恐縮してしまうほど丁寧に「ごめんなさい~」みたいに言ってこられる方もいました。今後どちらの通訳者さん、翻訳者さんに先に声をかけるか、、、言わなくても、わかりますよね?(^_^)

これは決して「すみません、申し訳ありません」と誤った方がいいとかそういうことではなくて、通訳者・翻訳者側は断るのが不安だというのと同じように、照会しているコーディネータ側も「断られるのが不安」という気持ちがあるということです。

 

ちなみに、この手の心配は新人、駆け出し、といったステージの方が多く感じるものですが、新人だから、駆け出しだから断ってはいけない、なんてことももちろんありません。できないものはできないわけです。

「新人の癖に断るなんて生意気!」「せっかく照会したのに歯を食いしばってでもやったらいいのに!」なんて思うコーディネータはいない、、、と断言はできませんが(^^;)、少なくとも僕が勤めていたエージェントにはそんなコーディネータはいませんでしたよ。

 

問題になるのは「断ること」じゃなくて「断り方」。

ぜひ「次に繋がる断り方」を身につけてください(^_^)

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介