「現場恐怖症」を克服して通訳に復帰

…………………………………………
カセツウ通信 2018.09.29
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
「現場恐怖症」を克服して通訳に復帰

image

カセツウ 酒井です。

養成講座の受講生さんから
とても嬉しいシェアを
いただきました。

過去のクレームに捉われて
陥っていた「現場恐怖症」
を乗り越えて、通訳者と
して復帰できた、という
ご報告です。

image

※写真は、養成講座
受講生限定のFacebook
ページの投稿です。

きっと同じような不安や
課題を抱えている方もいる
でしょうし、そうした方への
勇気づけになると思ったので、
ご本人に了解を得て、以下、
文面を一部伏せて公開します。

↓↓↓↓↓↓↓

皆さん、こんにちは。

8月下旬から怒涛の
ように忙しくなり、
なかなかこちらに書き
込みできなくなっており
ますが、皆さんの投稿に
感心したり、励まされたり、
楽しみに読ませていただいています。

そんな中、ご報告したい
ことが2つあり、久しぶり
に投稿しています。

1つは、酒井さんのご紹介で
「xxxxxxx」の通訳をやりました。

酒井さんがメルマガで公募
されていたxxxの案件
(xxxxx)で、他にも
希望者がいらっしゃる中、
「養成講座の受講生に」と
いうことで、エージェントに
つないでいただきました。

実は、数年前にひどい
クレームを受けたことがあり、
その時から「現場恐怖症」に
なっていて、それもあって
xxxxxx引越しを
言い訳に新規の仕事に
挑戦できていませんでした。

今年は「通訳に復帰しよう!」
と新規エージェントの登録も
始めていたのですが、
どこかに「現場が怖い」
気持ちが残っていました。

ですが、酒井さんにご紹介
いただいたからには、
クレームにつながるような
仕事はできない、と、準備に
準備を重ねてこの案件に臨み、
この度、この仕事を無事
終えたことで、現場恐怖症が
ずいぶん消えた気がします。

考えてみれば、クレームは
1件だけで、他の仕事はいつも
「ありがとうございます」と
言っていただいていたのですが、
常に自分のスキルに自信が
なかったので、1件のクレーム
に過剰反応(?)していたのだ
と思います。

今回は、現場そのものも
仕事しやすい現場で、
エンドクライアントの方も
良い方ばかりだったのも
ありますが、自分自身が
しっかり準備して臨めた
ので、納得のいく仕事が
できたと思います。

フリーランスの通訳は、
うまくいってもいかなくても、
喜びも挫折もなかなかシェア
できる場がないのですが、
今回は、いざとなれば
酒井さんに泣きつける、
というのが、大きな心の
支えでした。

稼げる通訳講座なのですが、
私はそんなに「これから
通訳でバリバリ稼ごう!」
とは思っていないというか、
「この年ではこれから
通訳で稼ぐのは無理?」と
思っていたところがあります。

今でもまだ「今からそんなに
通訳で稼げるようになるとは
思えない」気持ちが残って
いますが、それでも私は通訳の
仕事が好きで、月1回でも
通訳ができると嬉しいんだ、
と改めて思いました。

もちろん、通訳として
まだまだ足りないところが
沢山ありますが、この案件
を無事終えたことで、
これからは「現場恐怖症」
を克服して、どんどん
新規案件に挑戦していきたい!
と前向きな気持ちになれました。

チャンスをあたえてくださり、
心の支えになってくださった
酒井さんには、本当に感謝
しています。これからは、
「通訳でも稼げる通訳者」を
目指して頑張ります!

↑↑↑↑↑↑↑

この方、Hさんとしますが、
通訳者としてのブランクが
それなりの期間になってしまい、

「いまさら通訳じゃなく
ても…他のキャリアで
稼げればそれでも…」

という気持ちで養成講座
に入られました。実際、
通訳じゃなくても素晴らしい
リソースをお持ちだったので、
「そっちをマネタイズして
いきましょう!」という
アプローチで話をしていたの
ですが、それでも話している
内に、ご本人の中ではどこか
通訳を「諦めきれない…」
モヤモヤがあることが
ハッキリしてきました。

「やり切った感がないから
じゃないですか?」と問うと、
「その通りだ」と。

やり切った感があって、
その上で「もう通訳は
いいや」ならそれでいいの
ですが、「そうじゃない」と
気付いてしまったからには
そこを何とかしたくなります。

今回、僕の方にちょうど
良さそうな案件のお問い合わせ
をいただいたので、書かれて
いる通りちょっとゴリ押し(笑)
させていただいて、成約、
通訳復帰に繋がりました。

こういう風に人が不安を
克服して成長していく姿を
見れる、その一助になれる
のは本当にコーチという
仕事のやりがいだと実感します。

もしHさんと同じように、

現場に出たいけど不安だ、

現場に出たいけどどうしたら
いいのかわからない、

かつて学んだ通訳を活かし
きれていない状況にいる、

ブランクからの復帰が
不安、やり方がわからない、

通訳を諦めきれない、

そんな思いがあるのなら、
サポートさせてもらえると
嬉しく思います。

カセツウ養成講座、決して
安い受講料とは言いませんが、
得られる価値と比べると、
決して高いとも思っていません。

ぜひ小さな一歩、無料相談に
申し込んでみてください。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/vm2P6t2/81rxs/pfsats1/

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

追伸:
ちなみに・・・
Hさん、今回の通訳案件で
養成講座の受講料の大半を
回収されたんじゃないかな笑。

追々伸:
養成講座の受講者にお仕事の
依頼を確約するものでは
ないので、その点はご留意
ください。

追々々伸:
養成講座、いいとは思う
けど思いきれない…なんて
場合は、明日30日まで申込が
できる動画教材がおススメです。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/CzR6DT82r/21rkh/pfsatsB/

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介