数字で管理するのが苦手な方へ

…………………………………………
カセツウ通信 2019.07.28
…………………………………………
【 カセツウ通信 】

image

酒井@富山です。

今日は新セミナー?というより
勉強会というか、のご案内。

<数字で管理するのが苦手な方へ>

あなたは、下のような
問いかけにすぐに答えることが
できますか?

↓↓↓↓↓

先月の売上は?その内訳は?

どのクライアントからの
売上がいちばん多い?

前月と比較して変化は?

昨年同月との対比は?

先月の受注率は?

照会を受けた件数は?

どのクライアントからの
照会がいちばん多い?

受注率が高いクライアントは?
低いクライアントは?

失注理由は?その対策は?

先月の新規/既存の割合は?

新規獲得クライアントは何社?

通訳時間/翻訳分量は?

上に挙げた項目の
「今月の目標」は?

↑↑↑↑↑

などなど・・・

上に挙げたのは一例ですが、
あなたはこういう数字を
管理しているでしょうか?

もし「してる!上に書いてある
こともすぐ答えられます!」と
いうなら、きっとお仕事は
うまくいっているんだと思います。

でももし、答えに
詰まってしまうようなら・・・

僕と一緒に「数字」に
ついて考えてみませんか?

通訳や翻訳を仕事にする人は、
「通訳が好き」「翻訳が好き」
「外国語が好き」からこの世界に
入って、「ビジネス」について
学ぶ機会がほとんどないまま
頑張り続ける人が多いように
思います。

「趣味・好きなこと」から
「事業・ビジネス」への転換の
機会がないまま続けているというか。

すると、何が起きるか?

いろんなことが
「なんとなく」でしか
判断できなくなります。

「なんとなく仕事が
増えた/減った気がする」

「なんとなく声がかかる
ことが増えた/減った気がする」

「なんとなく・・・」

「これだと確かにマズいよね」
ってことは伝わるかと思います。

<この「数字会議」でやること>

今回が初めての企画ですし、
僕自身、「あれをやろう!
これをやろう!」がしっかりと
決まっているわけじゃありません。
明確な「答え」を持っていない
場合もあると思います。

そういう意味で、一番の価値は
「同じ時間に集まってみんなで
取り組む」ことかと思っています。

「数字をまとめる、確認する」
って面倒くさいし、ひとりで
仕事をしている場合は、極端な話、
しなくたって致命的に困ることは
ほとんどありません。なので、
ついつい後回しにしてしまう、
どんどん先延ばしにしてしまう・・・

それを今回、僕と一緒に、
そして他の参加者と一緒に
取り組んでみましょう。

「先月の売上を確認しましょう」

「その内訳を確認しましょう」

「いちばん優先すべき
(大事にすべき)クライアントは?」

「先月と比べてどうですか?」

「声掛けが減っている
クライアントはありませんか?」

「今月(来月)の
目標数値を決めましょう」

「その目標達成のために
どんなことをしたら良さそう?」

僕のこんな投げかけと他の参加者
とのディスカッションを通して
あなたの「通訳・翻訳事業」の
本当の姿を確認してみましょう。

測ってみて初めて気づくことも
きっとあるはずです。おそらく
中には「この数字すらわからない…」
なんてショックを受ける方も
いるかもしれません。
数か月前の僕のように・・・(-_-;)

でも安心してください。
このカセツウ数字会議は
「そういう方」のための場です。
「そういう方」にこそ
ぜひ参加してほしいと思います。

<要するに、参加すると?>
この会議に参加すると、
「現状をよくするためのポイント」
が発見できる、ということです

7月中の申し込みとお支払いで
早割適用なので、ぜひ今日の
メルマガを読んでなんだか
胸が苦しくなった方(笑)は
ご参加を。

詳細や申込は以下のリンクから。

↓↓↓↓↓

<PC、タブレットで
読んでる方向け(PDF)>
https://kase2.net/gp/3V69UnDM/V1r6g/pvbk5pc/

<スマホで読んでる方向け>
https://kase2.net/gp/ACrTNCvZ/61r5W/pvbk5pA/

カセツウ・ビジネススクール
酒井 秀介