素早く体勢を立て直すコツ

…………………………………………
カセツウ通信 2018.02.02
【 2018年残り日数・・・333日 】
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
素早く体勢を立て直すコツ

image

カセツウ読者さんからの
ご質問です。
(いただいてからずいぶん
時間が経っちゃった…
スミマセン)

↓↓↓↓↓

仕事柄、出張の多い通訳。
ルーティンがぐちゃぐちゃに
なったり戻しにくかったり。

どこまでやったか、何を
考えていたか忘れてしまい
戻り方が分からなくなって
時間効率が下がる。

素早く態勢を立て直すコツは?

↑↑↑↑↑

せっかくルーティンにしている、
ルーティンになってきた
好ましい習慣が崩れるのは
気分が落ちるものです。

書かれている通り時間効率が
低下して焦っちゃいますよね。

かといって出張を断るわけにも
いかないし、永遠に崩さないように
することなんてできるわけもなく…

ということで今日はこのご相談に
僕なりのアイデアをお答えします。

といってもごくごくシンプル
なのですが。

「書いておく」
これに尽きます。

僕の場合は、そもそも新しい
習慣を身に着けよう、ルーティンに
しようと思ったときのいちばんの
問題は「忘れてしまうこと」でした。

「朝起きたら○○することを
習慣にしよう」と思っても、
翌朝起きるとすっかり忘れてしまい、

お昼を過ぎたころに「あ、
そういえば、アレ、やるつもり
なんだった…」なんてことが起きます。

なので、「ルーティンチェックシート」
というものにルーティンを書き出して
毎日〇、×、を付けています。

こうすればルーティンを忘れない
ことはもちろん、忙しかったり
体調不良で数日間できないことが
あっても、「明日から〇をつけるぞ!」
とすぐに復帰しやすくなります。

(興味があれば「原田メソッド、
ルーティンチェックシート」で
検索してみてください。たくさん
情報が出ますよ)

そして、ルーティンじゃなくて
やってたことを中断してしまって
どこまでやったか忘れる、
どこからやるはずだったのか
思い出せない、その対策。

これも「書く」なのですが、
僕は数日かけて少しずつ進める
プロジェクトの場合は

やるべきことを細分化してフセンに
タスクとして書き出しています。

例えば「新しい講座を作る」なら、

1.通訳者さんの悩みを書き出す
2.自分が解決できそうな悩みを選ぶ
3.解決方法を書き出す
4.役に立ちそうなワークを書き出す
5.伝えたいことを書き出す
6.講座の構成を整理する
7.過去の講座のスライドを開く
8.構成に沿ってスライドを修正する(3分の1)
9.構成に沿ってスライドを修正する(3分の2まで)
10.構成に沿ってスライドを修正する(最後まで)
11.スライドを読み上げてみる
12.メルマガで案内する

という感じ。これは例なので
かなりザックリとしか細分化して
ませんが、本当はもっと細かく
ステップを区切ります。

そうしておくと、今日は1と2、
明日は3だけ、明後日は4から6、

なんていう風にスケジューリングが
できるのと、明後日の後に2日空いて
しまったとしても、続きは7からやれば
いいとわかるのですぐに再開できます。
(もちろん続けてやるよりは効率は
落ちますけどね)

これらを全部フセンでやるので、
順番を変えたり間に何かを挟んだり
することも融通が利きます。

参考になったでしょうか?

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

追伸:
このメソッド、実は僕が
インストラクターをしている
「3ステップ時間管理術」の
メソッドなんです。

ちょうどそのエッセンスを
1時間で伝えるミニ講座の
日程を追加したので、
お役に立ちそうなら受講して
みてください。早割申込なら
なんと2100円です。

ひっさしぶりのオンラインじゃない
リアルセミナーです(^_^)

なので会場は渋谷なのですが、
オンラインで受けたい方は
ご相談ください。

会場で受けられる方は以下の
サイトからお申し込みください。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/rz4b6Cn8CQ/8l3r/p3hpgr6/

——

今日の記事よかったよ、と思ったら
ポチッと。ポチ数がカウントできるので
励みになります。ついでに感想くれると
もっと励みになります。

「こんなこと教えてほしい」なんて
トピックの提供も大歓迎。

↓↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/Ay4yi3Frn/plu8/p3hpgrZ/

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介