ニューラル機械翻訳はどのくらい「使える」のか?

…………………………………………
カセツウ通信 2018.09.09
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
ニューラル機械翻訳は
どのくらい「使える」のか?

image

カセツウ 酒井です。

ニューラル機械翻訳とは?
僕自身もよくわかっていな
かったので検索してみました。

まあいろいろ解説のような
ものが出てくるんですが、

「ニューラルネットワークを
利用した機械翻訳」だの

「ニューラルネットワークは
人間の脳の仕組みを模した
計算モデル」だの

「人の脳神経細胞の活動を
単純化したモデルを採用」
だの、、、

僕からすると解説にすら
なってないし、ひとことで
言って「どうでもいい」
ことがたくさん出てきました
(^^;)

僕が知りたいのは、
「で…なにがどうなんの?」
ってことなので、従来の
機械翻訳とニューラル機械翻訳
を比較したサイトから
訳例を引っ張ってきます。
(参照元は下の方に書いておきます)

————–

原文:
I am not rich, nor do I wish to be.

従来の機械翻訳:
私は裕福でありませんし、私はいたくありません。

ニューラル機械翻訳:
私は金持ちではないし、なりたいとも思わない。

————–

まあ確かに自然。要は、
「これまでの機械翻訳より
さらに自然な訳ができるよ」
ってことでしょうね。

で、、、

じゃあ、そのニューラル機械
翻訳はどこまで実務に使える
んでしょう?

翻訳者にとって脅威(競合)
となるのか、それともまだ
まだお話にならないのか、

または「うまく使えば
むしろ効率化できるのか」

など、、、

来週、そんな検証をすでに
された「専門家」の最新情報を
聞きに行きます。

9月17日(月祝)の午後、
東京にいらっしゃるなら
あなたも聞きに行き
ませんか?

詳細は以下のリンクから。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/RIU6RWC4r/lllp/per9gr4/

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

P.S.
上の訳例は以下の
サイトから引用させて
いただきました。

https://kase2.net/gp/2wpkOJxdS/ilji/per9grw/

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介