【通訳学校】ディプロマット・アカデミーのサイトがリニューアルされました

株式会社ディプロマットさんのホームページがリニューアルされました

RTdo10YN9d6aBqk1486613324_1486613434

 

http://www.diplomatt.academy/

 

酒井が言うのもおかしな話、というか僭越ですが、こう、グッとアップデートされた印象です。これまでももちろん何度か目を通させてはいただいていましたが、こんな風にリニューアルされると、やっぱり改めて『見よう』という気になるんですよね。自分自身、今回目を通して『ディプロマットさん、そうだったんだ』と思う点がいくつもありました。それが以前から書いてあったのか、今回加わったのかはわかりませんが、もし以前から書いてあったとしたら、やっぱり同じことでも見せ方で受け手(この場合は酒井)の印象が変わって、同じ情報でもより届くようになるんですね。受け手の立場に立って、改めて気付かせていただきました(^_^)

これまたやっぱり通訳者も同じですよね。

どんなにいいことを言っても、どんなに素晴らしい通訳ができても、ボサボサの髪、糸が出た薄いカーディガン、妙に長いスカート、、、なんて通訳者が現場に現れたら、関係者は不安になります。

『外見は本質じゃない』という方もいますが、『本質じゃないところで評価を落とされてもいいんですか?』とそのまんまお返ししたい笑。

以前、面談にいらした通訳者さんが来ていたカーディガンが、裏返しでタグが見えていたことがありました…(^_^;) ちょっとしたおっちょこちょいではあるのですが、初対面のその方に対して、『うーん、ケアレスミスするのかな…』と不安になったことを思いだしました。

そう、本質じゃないんです。
でも、大切なんです。

お仕事は気遣い、マーケティングも気遣いです。
ちょっとしたところを気を付けるようにしてみてくださいね。

PS
『すっごい上手な通訳!』と感動してたところにブースからモサッとしたおばちゃんが出てきた時は『おお…』って声が出ちゃったことがあります笑。ブースの中はホント、隔絶された世界ですね笑

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*