カセツウ全否定されました

…………………………………………
カセツウ通信 2019.01.09
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
カセツウ全否定されました

image

実家に戻って10日程ですが、
ほとんど家から出ていない…

酒井@引きこもりです。

どこでも仕事ができるから
こそ、自分で外に出ないと。

あ!翻訳者さんって
こんな気持ちなのか!笑

ええっと・・・
カセツウが全否定
されました( ̄▽ ̄;)

上の方にも書いてますが、
「どんなこと学びたいですか?」
ってアンケートを受け付けてます。

そこに匿名でこんな回答が。

———-

「学びたいことは?」に
対して・・・

その他:元派遣会社の
社員の方には想像も
つかないことです。

メッセージ:
あなたは通訳では無く、
派遣が社の社員であり、
通訳目線の内容では無い。
内容が非常に派遣会社の
社員の視線であり、全く
参考にならない。

(誤字含め原文ママ)

———-

これを受け取って・・・
僕は・・・
激しく落ち込んで・・・
とても哀しくて・・・
もうカセツウやめよう
かなって・・・

というのはまったく嘘で・・・

第一声が「WOW!」で笑、
それから何度も読み返して、
その都度「なるほどぉ〜、
そうかぁ〜」って噛みしめて
います( ̄▽ ̄) ホント深い。

まあでも、ぐうの音も
出ないですよね。

この方が書いている通り、
僕は通訳者じゃなくて
派遣会社(エージェント)
の元社員だし、通訳者の
目線じゃないっていうのも
同意です。

内容が非常に派遣会社の
社員の視点、つまり派遣
会社寄り、ということだと
思いますが、それに同意は
しませんが、まあこの方が
そう感じているなら否定も
しません。

・・・でも、だから
いいんじゃないの?

カセツウの存在意義と
いうのは、通訳者ではない、
かといって派遣会社でもない、

どちらにも属さない、でも
両者のバックグラウンドや
事情に通じている人間が
中立的な立場から提供する
コーチングやアドバイスに
あると思っています。

通訳者さんの意見や視点が
欲しければ、JACIに入会する
とか、通訳学校に通うとか、
通訳者仲間と話すとか、
たくさんあると思います。

エージェント側の考えとなると、
コーディネータもどこまで
通訳者さんにホンネを出して
いいか、なんて思惑が絡んで
くるから直接訊いても少し
難しいかもですが・・・

ということで、今回のこの
投稿を通して、ちゃんと
自分のスタンスを保って
発信できてるんだな、と
認識できて嬉しかったです。

意図するところと違った
受け止められ方をしても、
それは仕方なし、です。

全人類に理解してもらおう、
価値を認めてもらおう、
なんてできませんから。

そういう方にはそっと立ち
去っていただいて、価値を
感じてくれる人のために
もっと頑張ります。

あなたも、ビジネスに
限らずいろんなことを発信・
行動していくと、ある種
否定的とも思える意見をいただく
場面にぶつかるかもしれません。

そんな時は僕みたいに、
「なるほどぉ〜、そうか〜」
なんて「ひとつの意見」として
捉えておくといいかなと。

負け惜しみとかじゃなくて、
本当に思いもよらない貴重な
意見ですから。

しかしホントに何度も読み返し
ながら「そうだよねぇ〜!
そう捉えているなら参考には
ならないよねぇ〜!」って、

噛みしめるたびに僕自身に
繋がるいろんな気づきが
出てきて、喜びがこみ上げる…
本当にありがたいです。

これ、機会があったらこの
テーマでもっとシェアしたい
ところです(^_^)
(サポート中の方、気に
なるなら訊いてください〜)

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

P.S.
中立的な立場からのコーチング
やアドバイス、と書きましたが、
実際は中立じゃなくて「僕を
信じてサポートに申し込んで
くれた人」の味方をしてます(^_^)

P.P.S.
「信じてないのにサポートに
申し込もうとしてくれた人」は
入口でお帰り願うこともあります笑
味方できないので・・・

P.P.P.S.
同時にこんなメッセージも
いただいてます。こういう
のももちろん超感謝!
こういう方のためにもっと
頑張りますってことです(^_^)

↓↓↓↓↓

毎日カセツウのメールを
読むことで1日が始まります。
1日の始めにポジティブな
考えをインプットでき、
非常に役立っていると
感じています。
ありがとうございます。

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介