たった一人のクライアント

…………………………………………
カセツウ通信 2018.07.05
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
たった一人のクライアント

image

カセツウ 酒井です。

通訳、翻訳をビジネスと
してやっているなら、
こんな望みがあるのでは?

『もっとたくさんの
クライアントが欲しい』

売上の公式というのが
あって、売上=客数×
客単価とされていますから、
客数が増えるのは売上の
向上につながる重要な
要素です。

(売上=新規客数×顧客単価
×リピート数(購買頻度)
としている公式もあります)

では、客数=クライアントを
増やすためにはどんな
ポイントがあるのか?

いろんなアプローチは
あると思いますが、
カセツウ養成講座では
こんなことをお伝えしています。

『たった一人の“理想の
クライアント像”を作り込む』

もしかしたら違和感を
覚えるかもしれません。

増やしたい、と言って
いるのに『たった一人』と
いうのが矛盾に聞こえる
からです。でも、あってます。

たった一人、あなたが
サポートしたい、こんな
人だったら絶対に価値を
感じてくれる、自分が
絶対に役に立てる、

そんな“理想のクライアント”
のイメージを決めてください。

業種は?会社の規模は?
どんな悩みを抱えている?
どんな通訳者を探している?
普段はどうやって見つけて
いる?どんな言葉を届ければ
『君に依頼したい!』と
言ってくれる?

具体的に、リアルに、
イメージを作っていきます。

もしそうした理想の相手が
すでにクライアントに
いるなら、その人のことを
そのまま書いてもOKです。

そのたった一人の理想の
クライアントのイメージを
作りこめば、その人に
刺さるメッセージや
効果的なアプローチが
浮かんでくるはずです。

そうしたら、次にその
メッセージを実際に
発信していくんです。

その『たった一人』の
ためのメッセージが実際に
その人に届いたら、、、

必ずその人はあなたに
依頼してくれるはずです。

『どうして自分の悩みが
こんなにわかるんだ!きっと
この通訳者(翻訳者)は
自分の理想に違いない!』

こう思ってもらえますから。

そして多くのクライアントの
悩みは共通するものがありますから、

そのメッセージ、実はその
『たった一人』以外にも
たくさん刺さるはずなんです。

そうすれば、クライアントは
増えていきます。

よくある例ですが、
ビジネスは恋愛と通じる
ことがたくさんあります。

Aさんも、Bさんも、Cさんも、
Dさんも、大好き!なんて
メッセージをもらっても、
あなたは響きませんよね?

でも、、、

あなたが好きです!

と言われたら、、、
ちょっとグッと来るじゃ
ないですか。

ただ恋愛と違って、
ビジネスの場合は
本当に一人にしなくても
大丈夫ってことです笑。

それでもたった一人、
選ぶとしたら、どんな
理想のクライアントの
ために働きたいですか?

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介