ピカソの時給、通訳者の時給

ブログ担当の酒井です。

通訳者の時給っていくらくらいが相場なんでしょうか?

 

今日はこんなエピソードをご紹介。

パブロ・ピカソ、ご存知ですよね?
代表作とされる「ゲルニカ」は酒井も現物を観に行きましたが、スゴイ迫力でしたよ。
それと、幼少期のピカソの絵の完成度を目にして「ああ、この年でこれだけ描けちゃうと、突き詰めてもうああいう世界(キュビズム)に行くしかなかったんだろうなぁ・・・」なんて勝手に思いを馳せた記憶があります。

そのピカソのエピソードです。

ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。

「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

ピカソは彼女に微笑み、たった30秒ほどで小さいながらも美しい絵を描きました。

そして、彼女へと手渡しこう続けます。

「この絵の価格は、100万ドルです」

女性は驚きました。

「ピカソさん、だってこの絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないのですよ?」

ピカソは笑います。

「30年と30秒ですよ」

この話が事実かどうかはわかりませんが、、、
通訳者のお仕事にも通じるところがあるなぁ、と。

通訳者が現場で「通訳」をするのは数時間、ということも多くあります。
1時間の会議や、シンポジウムの中の15分だけ、なんてこともよくあるでしょう。
しかし、このお仕事に対しての報酬は「数万円」という相場があります。

現場での通訳時間だけ切り取ると、「たった1時間」とか「たった15分」というのも事実です。実際に、通訳を使い慣れていないクライアントには、「えっ!?たった30分の通訳で〇万円!?ちょっとひどくない?」とおっしゃる方もいました。

でも、「ちょっと待って」ですよね?

現場に出て通訳をする時間は数十分、数時間でも、その時間のために費やしてきた通訳スキルの向上や予習・資料読み込みの時間や労力は大変なものがあるはずです。そんなことを、このエピソードを読んで思いました。

「たった30分ですよね?」という相手がいたら、このピカソのエピソードを送りつけてやる、、、なんてことができればいいんですけどね笑。