あなたに通訳を依頼するとどんないいことが?

ブログ担当の酒井です。

あなたに通訳を依頼するとどんないいことがあるんですか?

 

このテーマはこれまで何度も書いてきてますけど・・・ 考えてみましたか? 読むだけじゃなくて。『ふんふん、なるほどね~』じゃなくて。『確かにそうだよなぁ・・・』じゃなくて。

実際に、脳に汗かいて、考えてみましたか? あなたに通訳を依頼したら、そのクライアントにはどんないいことがあるのか。

これはマーケティングで USP=Unique Selling Proposition と言われるものです。あなたのUSP、通訳者としてのあなたのUSP、翻訳者としてのUSP、しっかりと言語化できてますか?

僕の場合、というか、カセツウの場合は、『通訳者・翻訳者のための唯一のビジネススクール』をUSPとして打ち出しています。初めて聞いた、という方もいるかもしれませんがそれはさておき (^^;)

今日のテーマも確かにUSPって大事ですよ、ということではあるんですが、実はそれ以上に『実際にやってみる』ということの重要性をお伝えしたいなと思っています。ブログやメルマガで書いていることって、簡単に手に入る(例えば、基本的には無料ですよね)ので、実は結構本質的なこと、やったら差がつくことが書いてあっても、『本当に』『自分で』『実際に』『実行する』方って、実はそんなに多くないと思っています。だからこそ、『やれば差がつく』んですけど。

もしかすると、カセツウ以外にも読んでいるブログ、購読しているメールマガジンがあるかもしれませんが、どれもこれも、やっぱり同じです。『読んでいるだけ』『感心しているだけ』だと、それ以上の価値は受け取れないんですよね。実行、実践しないと。行動(などのアウトプット)に移さないと、『何もしてない』『何も知らない』のと同じなわけです。

あなたは、どっちですか?

行動して、差をつける方? それとも、知らずに差をつけられている方?

どっちも、選べます。

 

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*