直請けのお仕事を増やすには?

ブログ担当の酒井です。

メルマガ読者さんからご質問をいただきました(嬉しい)

 

「お客様からダイレクトに入る通訳業務を増やす方法」を教えてください。

とのこと(一部抜粋)。

きっと他にも気になる方、知りたい方はたくさんいますよね?ということで、僕がお答えしたのは・・・

ダイレクトの依頼・クライアントの獲得方法ですが、まずはxxxさんが役に立てるクライアント像を明確にするのがいいのかなと思います。

ついついみんな、どうやってアプローチすればいいのか?と「やり方」を考えてしまいますが、その前に「誰に対してアプローチするの?」に基づいた、クライアントイメージの明確化が先です。

クライアント像をハッキリさせることで初めてどんなアプローチが適切そうか、また、どこに広告を出せばいいか見えてきます。(広告を出す、というのは単なる比喩です)

例えばの話にして恐縮ですが、高齢者向けゲートボール大会の宣伝をネット上でやっても高齢者はそんなの見てない可能性が高い。だとしたら大きな文字のチラシを作ってポストとかタウン誌に入れた方がよほど集客できるでしょうし、

投資家を探しているベンチャー企業がチラシを配っても投資してくれる人が見つかるわけがない、そんな感じです。

同じように、xxxさんがどんなクライアントにアプローチしたいのかを明確にすれば、じゃあそのクライアントはどこにいるのか、何を見ているのか、どんな通訳者に魅力を感じるのかが見えてくるかと。

 

いかがでしょうか?きっとあなたの参考にもなったのでは?

ということで、質問や相談をいただければこのような形(ブログやメルマガ、内容次第で個別返信など)でお答えしますので、気になっていることがあれば投げてみて下さい(^_^)

僕も質問や相談をいただけるとブログやメルマガのネタにできるので助かるのです笑。

この記事の下の方の「問い合わせフォームへ」のボタンをクリックすればフォームに飛びますからそちらからどうぞ。