災害時の通訳者心得

 

image

カセツウの酒井です。

昨日の朝、大阪の方で
震度6弱の地震が起きましたね。

皆さんが大きな被害を
蒙ってないことを
祈るばかりですが・・・

自然災害は防ぎようが
ありません。どんなに
注意をしようが起きる
ときは起きます。

大事なのは起きた時に
どう対処するかを
決めておくこと。

そのためには、昨日感じた
「危機感」を単なる
危機感で留めずに
具体的な行動に移すこと。

防災グッズがないな、と
気付いたらすぐ買っておく、

↓↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/0c09RYEuO/6l1J/pajesrG/

災害時にやるべきことや
やってはいけないことが
わからないと思ったら
お気に入りに登録しておく、

↓↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/8aj9kP9T/8lRo/pajesrG/

「喉元過ぎれば・・・」
になりがちですが、だから
こそ喉元が熱いうちに
パパっと備えちゃいましょう。

ちなみに・・・

災害時は通訳現場に
行けなくなるということも
起きます。

身の安全確保が第一ですが、
家族友人と同様に、とは
言いませんが、できれば
当日案件の担当コーディネータ
にもメールでも良いので
状況の報告や指示確認を。

通訳コーディネータも
通訳に穴が開くから、
という意味だけじゃなく
心配はしていますが、

災害時は家族・友人>仕事、
という意識があるものなので、
コーディネータから通訳者に
電話や個別連絡をするのは
躊躇われるものです。

「〇〇あたりから動けません。
ケガ等はなく無事です。また
ご連絡します」
だけでもずいぶん安心します。

ただもし、、、

こうした場合に通訳現場に
穴をあけたと怒るような
クライアントだったとしたら…

今後のお付き合いを考える
きっかけにするといいかも
しれません。

今日は本当は昨日開催した
ブログ勉強会のシェアでも
しようと思っていたのですが、
それはまた明日以降にでも。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

P.S. 今日の夜から明後日の
夜まで広島に行ってます。

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介