自信を付けるふたつのアプローチ

…………………………………………
カセツウ通信 2018.03.20
…………………………………………

【 毎週日曜9時〜オンライン交流会 】

朝カフェオンラインと題して
毎週日曜日の9時から1時間、
オンライン交流会を開催します。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/34ibJr6317/IlRD/p5uw4rD/

…………………………………………

【 養成講座 オンライン無料説明会 】

日程を追加しました。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/Al8gqi3PM/ele8/p5uw4rs/

…………………………………………

【 カセツウ通信 】
自信を付けるふたつのアプローチ

image

自信が付くと、いろんな行動が
取れるようになります。

自信がないと、やろうと思っても
なかなか実行に移せません。

新しい通訳翻訳エージェントへの
登録や案件への応募もそう。

そんなすべての行動に影響を
与える「自信」の付け方。

ひとつは「もともと自信がある」
ことを増やしていく、強化していく
アプローチ。

もうひとつは「自信がないこと」を
減らしていく、失くしていくアプローチ。

一般的には「自信がないことに
あまり捉われるな!弱みではなく
強みにフォーカスするんだ!」
なんてアドバイスもありますが、
両方やっていく必要があると思います。

すごく極端な例ですが、どんなに
通訳スキルに自信があっても、
「自分のファッションセンス」に
壊滅的に自信がなければ
人前に出ることができない、なんて
ケースもあり得ます。

その場合にいくら通訳スキルを磨いて
さらに自信を付けても、ファッション
センスに関する自信のなさを解消
しない限りは前に進めません。

でも、ファッションセンスなんて
ネットに出ているコーディネートを
マネすればある程度は無難に
こなせますから、解消できますよね。

自信がないことを解決・解消するには
「自信が何に自信がないのか」を
言語化して自分で意識することが必要です。

書き出してみると、
「これなら比較的簡単に解消できるかも」
というものもあるはずです。

そうしたら、それを解消するだけで
「自信のなさ」が減っていきます。

「自信のタネ」が見つからないなら
「自信のなさのタネ」を探してみてください。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

——

今日の記事よかったよ、と思ったら
ポチッと。ポチ数がカウントできるので
励みになります。ついでに感想くれると
もっと励みになります。

「こんなこと教えてほしい」なんて
トピックの提供も大歓迎。

↓↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/0OiQ39gs/Ultd/p5uw4rq/