68歳になる頃…

…………………………………………
カセツウ通信 2019.06.18
…………………………………………

【 カセツウ通信 】

image

酒井@那覇です。

那覇の「あぐん茶」って
居酒屋さんに行ったんですが…

<68歳になる頃・・・>

ぼんやりと泡盛の水割りを
飲んでいたら、お隣に常連ぽい
お客さんが案内されました。

こういう時は何とはなしに
会話が始まったりするもの。

結構お年を召したように見える
男性でしたが、お話を伺うと
68歳だそうで。すごい。元気。

那覇に住んでいるわけじゃなくて、
お仕事でこちらに来ていると。
なんと今回は23連泊だそうです。

こう聞くと当然「お仕事は何を?」
なんて話になるわけですが、
「専門学校に生徒を集める仕事」と。

高校があるところならどこでも
行って、高校生たちに「ウチの
学校に来なよ」なんて説明会を
するんだそうです。

鹿児島の奄美群島に喜界島、という
島がありますが、そこにも
「喜界高校」というのがあるらしく、
その1校に説明するために
喜界島に行った、とか・・・

「そんな仕事があるんですねぇ!」
なんて面白がってお話を聴いてました。
(泡盛も分けてくれたので笑)

沖縄だけじゃなくて、翌日は大阪、
そして車で高松、そして広島、、、
なんて本当にグルグルと動き回る
お仕事のようなんですが、

「すごいな」と。

68歳にして飛行機、車で
あちこち飛び回って高校生たちに
親身になって話をする、、、

その仕事をものすごく
楽しんでいる感じがありました。

僕はいま42歳、あと半年ほどで
43歳ですから、その方の年齢まで
25年。なんだか励まされました。

68歳になってもこんなに元気で
働けるとしたら、いまゼロから
何かを始めたとしても、25年も
あるわけです。

25年もあれば・・・
25年も頑張れば・・・
25年も取り組めば・・・

たいていのことは、
叶っちゃうんじゃ
ないかなぁと笑

先日のメルマガでご紹介した
「イチロー作文」ですが、
この2日、改めて真剣に
取り組んでいます。

なりたい自分を言語化して
それに向けて頑張りたくなる、
動かずにはいられない夢を
作文にするというものですが、

その中には、
「いつ、そうなるか」なんて
時間の概念も盛り込まれています。

僕は性格的に?あまり先のことまで
考えられないタイプなんですが、
昨夜の68歳の先輩との出会いで、
「25年後」も考えてみようかな、
なんて思えました。

あなたは68歳になる頃、
どんな仕事をしているでしょうか。
どんな暮らしをしてたいでしょうか。

通訳をし続けている?
翻訳をし続けている?
それとももう引退している?
他にやっていたいことがある?

10年くらい経ってから考えたり
行動を始めたりするんじゃなくて、
ぜひもう今から、そちらに
向かって動いていきましょう。

そうすれば、実は25年も
かからないうちに叶ってしまう…
はずです。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

無料レポートプレゼント

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。