音声翻訳機「illy(イリー)」のいま

…………………………………………
カセツウ通信 2018.04.13
…………………………………………

音声翻訳機「illy(イリー)」のいま

image

AI時代の到来で通訳者、翻訳者
というお仕事はなくなっていく
んじゃないか…なんて心配する
方もいると思います。

いわゆる「音声翻訳機」なんて
数もたくさん出ていて、かくいう
僕の手元にも実は「Pilot」という
音声翻訳機が届いています。

(が…持っているスマホの
Bluetoothが機能しなくて
試せてない状態…(-_-;)

中でも今日のトピックにしている
音声翻訳機「illy」は、しばらく前に
ファミレスのガストで食事をしたら
テーブルに広告が貼ってあるのを
見て「こんな普及に力を入れて
るのか!」と驚いたものです。

illy については以下のサイトを
ご参照。

・公式サイト
https://kase2.net/gp/7D7bR24Y8A/HlI7/p73c4rQ/

・ロケットニュースでの紹介記事
https://kase2.net/gp/ZGV5fSm1/1lBY/p73c4r8/

どちらのサイトでも使っている
様子を動画で公開していますが、
それを見ると確かにスゴイ!
というか、「欲しい!」と
思ってしまいました汗。

さて、ではこんな感じでilly などが
普及してくと、通訳者、翻訳者は
不要になっていくのでしょうか?
いまよりもニーズは減るのでしょうか?

まぁ…
個人的な見解ではこれが普及しても
「ほぼ影響なし」だと思っています。
むしろ、この動画を見てその確信は
さらに強くなりました。

なぜなら、いまこの時点でだって、

「お水貰えますか?」
「買った服を交換して欲しい」
「〇〇まではどこに行きますか?」

なんて会話のために通訳者を
雇うかというと、そんなこと
誰もしてないだろうから、です。

もともと通訳者とか通訳ガイドに
求められているのはこんなちょっとした
会話を伝える機能ではないはずです。

むしろ、こういう機能を通訳者、
通訳ガイドの「本質」だと勘違い
しているようなら、AI時代以前の
問題でそもそも淘汰されていく
でしょうし…

それでも心配な方にはひとつ
おススメのワークをご紹介。

illyにできること、できないこと、
あなたにできること、できないこと、

それぞれ書き出して比較・把握しておくと、
もし知識・理解不足の誰かがあなたに
「音声翻訳機の方が安いし…」なんて
言い出した時に、ちゃんと説明できる
ようになります。

自分でしっかり理解・把握、そして
言語化しておかないと、他人に説明
なんてできませんからね。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

P.S.
以下の記事は illy に対して
懐疑的な内容が書かれてますね。

https://kase2.net/gp/2kgygv2d/pl6k/p73c4ro/

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介