実績ないけどやりたい分野のアピールは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログ担当の酒井です。

通訳実績がないステージでのアピール方法は、特に駆け出しの通訳者にとっては悩ましいところ。そちらに対する回答は何度も書いてきたのですが、今日はもうちょっと掘り下げたご質問をいただいたのでそちらに回答していきます。

通訳の実績はないけどこれからやりたい分野のアピールはどうしたら?

 

今は実績がないけれど、今後はこの分野がやってみたい(今勉強中)という場合、通訳エージェントに対してどの程度アピールしてもよいものでしょうか。関連の講座などに通っていることはプラスになりますか。

関連する相談事として、「通訳エージェントには〇〇分野の通訳をしたい、と伝えているのに違う分野の通訳案件ばかり照会される」なんてのもありますね。これもホントよく相談されます。コチラについても以前書いたかな。

 

さて、実績がないけど勉強中の分野のアピール。ご質問では「どの程度アピールしてもよいのか」とあるので、答えておくと、「ダメってことはないでしょう」です。

別に通訳エージェントの方で「その分野のアピールしちゃう? マイナスゥ~(IKKOさんのイメージ)」ってことはありませんから。アピールしてもいいですよ。

というか、そういう希望や状況をハッキリと伝えておかないと、その分野の通訳案件なんて一生来ません。別に通訳エージェントや通訳コーディネータは通訳者さんの保護者でもありませんから、あなたがどんな分野をやりたいと思っていて、どんな勉強をしているのかを「察する」なんて不可能だし、やる意味もありません。あなたが自分の意志として自分でしっかりと伝えない限り何も始まりません。

「どの程度アピールしてもよいのでしょうか」に対しては、「あなたがの熱意、情熱の程度にアピールしたらいいです」となりますね。どうしてもやりたいんなら、「やりたい、やりたい」と伝え続ければいいんです。何度か伝えても来ない、ならまた言い続ける。そのうちいい加減に相手(通訳コーディネータ)も覚えます。「この通訳者、こんなにこの分野の通訳をしたいんだ」と。

 

 

・・・とはいえ、こんなことはあたりまえの話ですよね。多分この質問者さんも、回答を読んで「やっぱりそうですよね」くらいしか思わないと思うんです。言い換えれば、「そんなことはわかってる」はず。

だとすると、ここからは僕のコーチとしての腕の見せ所というか。「なぜ、この質問者さんはこんな質問をしてきてくれたのか」を考えていきます。といっても推測に過ぎないんですが・・・

 

結局、ホントに依頼が来たらどうしよう、と思ってる?

いや、わかんないんですよ、推測ですよ。違ってたらすみません、て話なんですが・・・

結局、この質問の根っこは、「やりたい、やりたい、とアピールし続けて、いざ実際に照会が来た時に“わたしの手に負えない案件だったらどうしよう”」ってことにあるのかもしれないなぁと。・・・どうでしょうか。

いちおうその点についても簡単に触れておくと、「その心境もひっくるめて伝えておけばいい」と言っておきます。わかる人にはわかる、「内面の会話」というやつです(カセツウのサポート受けてくれたことのある方には通じますよね)。「でも、それを伝えると依頼自体が来なくなるんじゃ・・・」という心配もどうせ(笑)セットで付いてくると思いますが、「依頼が欲しいのかい、欲しくないのかい、どっちなんだい!(中山きんに君のイメージ)」。まあこれはかなり端折ってますが、文字では長くなるので割愛。

 

もうひとつ、具体的な質問も含まれてますのでそちらに対しても。

「関連の講座などに通っていることはプラスになりますか」

もちろん、なりますよ。伝えましょう。

 

この回答を読んでまた何か出てきた感想や質問、相談があれば、また以下のフォームからどうぞ。(ただし、いま無料の質問や相談は順番待ちなので少し先になると思います)

お名前もメールアドレスも入力不要です。 質問者があなただということは酒井にもわかりませんので、 自由に質問をお送りください。 こちらにいただいた質問へのご回答は メールマガジン【カセツウ通信】にてご回答いたします。 (ご回答時期は状況によるのでご理解ください) ※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合は個別メールにてお問い合わせください

プレゼントの紹介

Leave a comment

Your email address will not be published.


*