さっさとうまくいく考え方

ブログ担当の酒井です。

今日も大阪です(^_^)

 

夜には飛行機で帰京します。
昨夜は食べ過ぎました、、、たこ焼き、ハイボール、、、

今日は朝の個別のお話だけだったので、いまは夜まで新世界のスパで時間を潰しています。休日みたいなものですね(^_^) もう少ししたら串カツを食べに行きます笑。

f:id:interpreter-promotion:20161008131418p:plain
(ネットで見た景色が目の前に!笑)

今回の出張で改めて思いました。

『〇〇があったらやる』とか『xxができたらやる』って言ってると、うまくいくのに時間がかかるな、ってこと。

今回の大阪出張も、以前の名古屋出張もそうですが、どちらも「セミナーに参加する」と言ってくださった方は、数人だけでした。その数人の方たちがいてくれたので地方でセミナーをすることができたので、本当にありがたいです。

そんな風に地方セミナーをしている酒井ですが、先日、こんなことを訊かれました。

「そんな数人相手にで、元は取れるの?旅費の方が高いんじゃないの?」

う~ん、考えたこともなかった、、、というのはさすがに言い過ぎですが、この出張でいくらプラスになるとかマイナスになるとかはほとんど考える材料にはしていませんでした。「一人でも、受けたいと言ってくれる人がいたら行く」と決めていたからです。

もちろん、せっかくなので多くの方が参加してくれた方が嬉しいですから集客もしますが、その結果、その一人だけになったとしても、それは酒井の発信力とか価値の伝え方が足りなかったというだけの話であって、プラスになるマイナスになるは単なる「結果・事象」にしか過ぎないと思っているんです。

もしかすると多くのセミナー講師は「〇人以上集まったら、地方に行きます」と考えるのかもしれませんが、それはまったく逆だと思います。

「○○に行くことにした。その機会を最大限活かしたいから、来てくれる方を増やす努力をする」それでいいんじゃないかなと思っています。

皆さんももし、「○○があったらやる」とか「xxができたらやる」と考えていることがあったとしたら、、、先に「やる」ことを決めてしまう方が、○○やxxが手に入るかもしれませんよ。