酒井、未来が視えました…?

…………………………………………
カセツウ通信 2019.09.04
…………………………………………

image
酒井@埼玉です。

昨日のメルマガで書いた
「オンライン教え業」の立ち上げ
事例、「とっても興味深い!」と
いうメッセージをいただいて
励まされてます(^_^)
ありがとうございます!

<酒井、未来が視えました…?>

メールでこんなご相談を
いただきました。

↓↓↓↓↓

派遣で社内通訳からフリーに
転向しようと思いつつも、
収入面が気になりなかなか
踏み出せません。

社内通訳の年数は関係なく
フリーになると最低額から
始まると聞いています。

単価を最初から上げることは
可能なのでしょうか?

↑↑↑↑↑

この方には個別にご返信を
差し上げたんですが、今日は
メルマガをお読みの皆さんにも
一部をシェアします。

以下、僕からの返信の一部です。

↓↓↓↓↓

そうですね、xxさんと
同じようなご心配をされている方も
たくさんいらっしゃいますし、
そうした方のご相談も
たくさん受けてきました。

まずさっくりとお答えしておくと、

「社内通訳の年数は関係なく
フリーになると最低額から
始まると聞いています」

はい、そういう傾向は
確かにあります。

例えエージェントが
「うちはちゃんと評価しますよ」と
言っていたとしてもそのまま
言葉通りに受け取るわけにも
いきません(^^;)

事実これまでにも何社かに
そのままの質問をぶつけてますが、
口を揃えて「うちは評価します」とか
「そんなことはないです」といった
答えが返ってきてますから(^^;)

まあ僕が通訳コーディネータ時代に
そう訊かれてもそんな風に返す以外は
ないと思いますが…

じゃあどうすればいいのか、ですが、

「単価を最初から上げる
ことは可能なのでしょうか?」

という質問にも繋がりますが、
どうしてエージェント側は
社内通訳の経験をあてにしない、
重視しない傾向があるのか、
何が不足していると思われているのか、
何を心配しているのか、などを
考えることが必要です。

例えば「社内通訳なら社内用語も
わかるだろうし事情や背景も
わかるから通訳しやすいだろう、
でもフリーランスの場合は毎回
新しい現場に出てもらうし、
資料だって出ないことすらある、
社内通訳とは違う、そんな状況でも
ちゃんとできるの?」という心配。

そうした「心配」に対して
しっかりと「その点はご心配なく、
なぜなら~~~」と言えるかどうか、
なんと返すかを考えておく、
その材料を用意しておく、
ということが大切です。

そしてこれはひとつの事例として
xxさんの勇気づけになれば、と
思ってのご紹介ですが、僕の講座の
受講生さんでも社内通訳時代から
サポートを受け始めていよいよ独立、
という段になって初月で売上80万円を
確定させた状態で辞めた方もいれば、
1年目で全日10万円で契約された方、
月商100万円を何度も
達成されている方もいます。

これはもちろん状況、分野・業界、
通訳スキル、社内通訳の年数などにも
よりますが、そうした人もいる、という
事実です (^_^)

なので、xxさんもまずは
エージェントの心配を想定してみる、
その心配を処理する回答や材料を考える、

もしも良い回等や材料が
見当たらなそうならこれから
それを探していく、ということが
いいのかなと思います。

そして、いちばん大切なのは
社内通訳であるいまの内から
いつ独立してもいいような
準備だけでは進めておくことです。

社内通訳という立場じゃないと
できないこともあります。

会社を辞める段になってから
「もっと早く準備だけでも
しておけばよかった」という
言葉も耳にしてきました。

「来月契約終了になった」と
僕のところに駆け込んで
こられた方もいらっしゃいます。
でも正直、それだとちょっと遅い(-_-;)

準備だけ進めておいて、その上で
別に辞めなくてもいいわけです。

ただ、準備だけでもできていると
同じ社内通訳という立場でも安心感が
違いますし、もし「その気」になったら
フリーランスにリスクなく
チャレンジすることもできます。

↑↑↑↑↑

…以上、返信の一部です。
あなたの参考にもなるでしょうか?

なんかですね、僕このメールを
いただいた時に、自分が予言者に
なったんじゃないかと思いました笑
「未来が視えた」って感じ(?)

というのも、この方のメールにあった
「社内通訳の年数は関係なくフリーに
なると最低額から始まると聞いています」
という心配、僕もうすでに
記事に「書いていた」んです。

「インハウス通訳を10年やっても
“フリーランス1年目“で登録・・・」
って。

ね?そのまんまでしょ?(^^;)

でもこの方、きっとこれから
こういう不安は解消されていくと
思います。まだお会いしたことも
お話したこともないですけど。

なぜって?

この方はもう「行動」を
始めているからです。

僕に質問のメールを出されたのも
立派な行動ですし、僕が書いた
記事を読んでさらにアクションを
起こしてくれたからです。

課題も心配も不安もすべて解決する、
消えてなくなる、なんてありません。

ひとつの課題や心配が解消しても
また次の課題や心配は出てきます。

でもそこに出てきた課題や心配は
行動以前のものとは質が変わって
いるはずです。

だからやっぱり「行動を起こす」
ことが不安や心配を解消する
いちばんいい方法なんだと
確信しています。

皆さんもぜひ不安があるなら
「行動」を起こしてみてください。

きっと悩み続けているよりも
ずっと早くスッキリするはずです。

カセツウ・ビジネススクール
酒井 秀介

P.S.
その「予言」の記事はコチラです。
きっとこの方以外にも
あてはまる人がたくさんいるはずです。

↓↓↓↓↓

https://kase2.net/gp/Dw2R4N09/ulRv/px9xgru/