台風で通訳がキャンセル・・・

…………………………………………
カセツウ通信 2018.10.01
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
台風で通訳がキャンセル・・・

image

カセツウ 酒井です。

今日から10月。昨日のメルマガ
で書いたように、残り3ヶ月の
過ごし方は考えてみましたか?

ぜひ今日からその目標達成に
向けた行動を取るようにして
みてください。

さて、、、

いま僕は埼玉に滞在している
ので、昨夜から今朝にかけて
台風が直撃。夜中は強烈な風で
家が揺れ、流石に少し怖かった
ですね。

これを書いているのは1日の
早朝なんですが、目を覚ましたら
電気も停まっていました。

JRも始発から運転を見合わせて
いるようですし、交通機関にも
かなり影響が出ているようですね。

となるとつきものの話題ですが、
キャンセルフィーはどうなるか。

自然災害は不可抗力につき
キャンセルフィーの支払い
対象外といった条件が契約書に
記載されているケースもあります。

では今回は果たして「自然災害」
に該当するかどうか・・・も
またいろんな解釈がありますね。

普段からお伝えしていることですが、
こうした問題の解決にあたる際は、
あまり「近視眼的」になりすぎない
ことをオススメします。

最終的には相手との関係性によると
いうことになりますが、こういう
時の対応が、お互いに長く付き合って
いきたいと思うか、そう思わないか、
試金石になるケースもあります。

もちろんこれは「仕事を請ける立場
なんだからそちらが譲歩したれや」
ということじゃなくて、あなたの
方でも、そのクライアントを
見極めるという目線を持つと
いいよ、という意味です。

雨降って地固まる。
文字通り、ある話ですから。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

追伸:
カセツウの養成講座に参加中の
方でこうしたケースに直面して
いるなら、セッション申し込んで
くださいね。「どう対応するべきか」
を一緒に整理していきましょう。
急ぎならFacebookに日程調整の
投稿をしてください(^^)

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介