あなたの通訳スキルを試してみよう

ブログ担当の酒井です。

あなたの通訳スキルは他の通訳者と比べて、高い?低い?

通訳学校に通っているなら講師に評価をしてもらう機会はあるかもしれませんが、そうでなければ自分の通訳スキルへのフィードバックをもらう機会はなかなかないと思います。ましてや「他の通訳者の通訳スキルと比べて、どうなのか」なんて、心の中で思うことはあっても、他者目線で教えてもらうことなんてないはずです。

でも、その機会、あります。

昨年に続き、日本会議通訳者協会(JACI)の「同時通訳グランプリ」の第2回がこの5月に開催されます。

 

日本会議通訳者協会(JACI)は、2019年も同時通訳グランプリを開催します。通訳を学んでいる学生・社会人と、同時通訳者になって3年以内の通訳者の同時通訳のスキル向上、切磋琢磨する機会の提供を目的としたコンテストです。

エージェント各社の代表者も来場し、人材発掘のために参加者のパフォーマンスを拝見します。エージェントに認められた参加者は、通訳の仕事を得るチャンスです!同時通訳技術をさらに高めたい方、同時通訳者になりたい方、ふるってご応募ください。

<応募資格>

学生の部:大学(院)生・短大生・専門学校生で、通訳に関する授業の受講経験がある方、過去5年以内にCEFR C1レベル、英検1級程度、または相当する英語試験で同等の級・スコアを取得した方。

社会人の部:通訳に関心のある一般の方で、通訳訓練の受講経験がある方、過去5年以内にCEFR C1レベル、英検1級程度、または相当する英語試験で同等の級・スコアを取得した方、または同時通訳の実務経験が3年以内のプロの通訳者。

 

そういえば、昨年受賞した方々の環境や状況の変化なんてまた知りたいところですね。

『受賞後はお仕事が増えました!』とかあるんじゃないかなぁ。

 

申込期限は2019年5月3日と少し先ですが、少しでもチャレンジしようかな、どうしようかな、なんて気持ちがあるなら、「えいや!」で申し込んでみるといいですよ。その瞬間に火が付くと思います笑。

少し大げさかもしれませんが、不安があってもチャレンジしてみる自分と、不安があるから見送る自分と、どちらの自分が好きになれそうでしょうか。

もしチャレンジしてみる自分の方がかっこいいな、と思うなら、ぜひチャレンジを。申し込みは以下のページから。

 

https://grandprix2019.peatix.com/view

 

P.S. そもそも「グランプリ」は「チャレンジするためのもの」ですから、自分の実力が足りてないかも、とか、まだまだだから、とか、そんなのチャレンジしない理由になりません。「だからこそ」チャレンジしてみたらいいですよ。

 

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介