こんなこと、一生に一度かと・・・

…………………………………………
カセツウ通信 2018.11.20
2018年残りあと43日
…………………………………………

【 カセツウ通信 】
こんなこと、一生に一度かと・・・

image

カセツウ 酒井です。

数日前、Facebookで
「2冊目の本を出そう」
と宣言しました。

特に具体的な予定や
お話があるわけじゃ
ありません。まったく
ノープランです。

でも、「出そう」と
宣言できちゃいました。

だけどこれ、今年の始め
なら絶対言えません
でした。なぜなら、
「出したことがない」
から。

本を出したことがない
頃は、本を出すなんて
僕の人生であるのか
どうかすらまじめに
考えてませんでしたし、

運のいいことに出版の
話をもらって原稿を
書いている最中は、
「一生に一度のこと」
だと思って取り組んで
ました。

でも、実際に本が出版
されて少し時間が経つと、
「2冊目もいけるんじゃ
ない?」なんてマインド
になっています。

思い返すと他のことも
そうで、僕はいま5キロ
〜10キロくらいジョギング
する日も多いんですが、

2年前に友人に10キロ
マラソンへの参加を
誘われたときは、

「10キロ走るなんて
一生に一度くらい
だろうしなぁ」なんて
思って参加を決めました。

でも今は普通に走ってる。

何を言いたいかというと、
もしかするとあなた
にも「一生に一度くらい
はやってみたい…」「
こんなことができたら…」
なんて、いまのあなた
からすると「夢みたいな
こと」があるかもしれません。

でも、そういうのだって
実は一回やってみると
「案外できること」に
なって、2回目、3回目、
その内に「あたりまえの
こと」になるよ、って
ことです。

僕の場合は上に書いた
出版もジョギングも
そうだし、そもそも
起業なんて自分には
絶対向いてないと
思ってました。会社員
としてつつがなく過ごす
のが向いてると思って
いたんです。(諸説
あります笑)

コンサルだって会社に
来たコンサルの人を見て
「いいなぁ…」なんて
他人事として憧れて
いるだけだったし、

自分でセミナーを企画
して集客して開催する、
なんてことも想像も
つきませんでした。

ブログだってメルマガ
だって、Podcastだって、

自分の顔写真をホーム
ページどころかSNSに
載せるのもいやだったし、

そもそも「俺の発信
なんて誰が読みたいん
だよ」なんて、自分の
考えや思いを発信する
ことすら、やる前の
自分にとっては
「そんなとんでもない…」
と思っていたのを、
いま思い出しました笑。

もし上に書いたように、
「一生に一度くらい…」
なんて思っていることが
あったら、チャレンジ
してみるといいですよ。

来年の今ごろには、
それがあたりまえに
なっているかもしれません。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介