あなたの「本当の年収」が見える計算法

…………………………………………
カセツウ通信 2019.08.19
…………………………………………

【 カセツウ通信 】

image

酒井@埼玉です。

面と向かって訊かれることは
あまりないとは思いますが…

<あなたの「本当の年収」が見える計算法>

「あなたの年収、いくらですか?」
って訊かれたら、どう答えます?

僕は初めてお話しする方、
セッションを申し込んでくれた方には
訊くようにしています。年収、じゃ
なくて月収、で訊く場合もありますが。

とはいえもちろんデリケートな
話だし、あまり人に言いたいもの
でもないでしょうから、

「〇〇さん、初めまして。酒井です。
早速ですけど年収は…?」なんて
訊き方はしませんよ笑。

他にもいろんな話を伺いながら、
でもどこかでブッ込んでいきます。

で、それを訊かれた側の反応は
様々ですが、会社員の方は別として、
フリーランスで一番多いのは
「月によって変動があるんで…」
って感じの回答です。

で、同じような回答をしてしまい
そうなあなたには「移動平均」という
考え方を覚えていただければと思います。

「移動平均」の説明には
Wikipediaでも引用しようと
思ったんですが、案外いろいろ
書いてあって断念しました笑。
なので、僕なりの理解と説明で。

どういう数値か?

12ヵ月移動平均なら、直近の
12ヵ月の平均を取った数値のこと。

例えば売上の12ヵ月移動平均を
取るとします。

いま8月なので、昨年の8月から
先月の7月までの12ヵ月の平均が
12ヵ月移動平均の売上数値となります。

で、9月になったら昨年の9月から
今年の8月までの12ヵ月の平均が
12ヵ月移動平均の売上数値に。

まとめると、

—–

8月時点の12ヵ月移動平均:
昨年8月から7月までの平均値

9月時点の12ヵ月移動平均:
昨年9月から8月まで

—–

こんな風に、平均を取る対象の期間が
1ヵ月ずつずれていくことになります。
(もちろん12ヵ月じゃなくて3ヵ月とか
6ヵ月とか任意の期間での移動平均もあり)

この数値を取り始めて
何がわかるんでしょうか?

あなたの「本当の年収」がわかります。

僕の場合も、「売上、いくら?」と
訊かれた時には以前なら
「月によって変動があって…。
安定させないとですよね」とか、
「年商だったら〇〇円くらいです」
なんて答え方しかできてなかったんですが、

今は12ヵ月移動平均の数値を出して
「月に〇〇円くらいで推移してます」
なんて答えることができます。

こう考えられるようになって初めて、
自分のビジネスが果たして上向きなのか、
それとも落ちているのかが正しく
判断できるようになってきた気がします。

単月の売上に一喜一憂するんじゃなく、
ビジネスの成長度合いにフォーカス
できるようになってきたというか。

これって通訳や翻訳でももちろん
そのまま使えますから、ぜひ計算
してみてください。

「あー、確かに本当の年収が見える…」

なんて実感できるはずですよ。

カセツウ・ビジネススクール
酒井 秀介

・Twitter(フォローを!)
https://kase2.net/gp/vyGb359/V1rUE/pwgatpv/

・YouTube(チャンネル登録を!)
https://kase2.net/gp/m4mD4fxN/r1reo/pwgatpN/