コストが高い通訳者になればリピートされる

稼げる通訳者育成のカセツウです。

通訳者として、『コストが高い』 と言われると、イヤですか?

mgr5pfj0ppo_mbb1484144797_1484145256

普通は、イヤですよね。
『あの通訳者、コスト高いんだよね、、、』
なんて言われると、『コストパフォーマンスが悪い』 って印象になりますものね。

でも、、、

ここで酒井が言う 『コスト』 はちょっと違います。
コストはコストでも、、、『スイッチングコスト』 が高い通訳者を目指そう、ということです。

ウィキペディアから引っ張ってくると、こう書いてあります。

スイッチング・コスト(英: switching cost)または切り替え費用とは、ある商品から他の商品、あるいはあるブランドから他のブランドに切り替えることに伴って発生する費用である。金銭的な費用に限らず、切り替えに伴って必要となる習熟や慣れに要する時間(の機会費用)や心理的費用なども含まれる。取引コストの一種である。例として、探索コストなどがある。
髙いスイッチング・コストが生じると、ほかのサービスへの乗り換えを阻害するため、囲い込みに用いられる。

 

最後の一文に注目してください。

髙いスイッチング・コストが生じると、ほかのサービスへの乗り換えを阻害するため、囲い込みに用いられる。

つまり、あなたから他の通訳者に切り替える
『スイッチング・コスト』 が高くなればなるほど、
次の案件でも他の通訳者ではなく、あなたが指名される、ということです。

理解しておくべきは、スイッチング・コストは 『お金だけじゃない』 という点。
ウィキにもある通り、時間、機会費用、心理的費用なども含まれます。
通訳者の場合、『いつもの案件です、よろしく』 で
依頼がすむようになっているなら、あなたから他の通訳者に
切り替えた時のスイッチング・コストは高くなっていると考えていいでしょう。

実際、酒井が通訳コーディネータをしている時も、
ある製薬会社からの問い合わせはいつも、
『来週、Aさん、空いてる?』から始まっていました。
(Aさん、は通訳者)

空いてないこともあったのですが、そんな場合は、
なんと会議の日程が調整されたこともあります。
それくらい、Aさんから他の通訳者に切り替える
スイッチング・コストが高かったということですね。

8caufxaewxyfxzo1484146687_1484146707

 

どうすれば、あなたから他の通訳者に切り替える
スイッチング・コストが高くなっていくんでしょう?
リピートされ続ける通訳者になれるんでしょう?

繰り返しですが、通訳レートだけではありません。
通訳スキルだけでもありません。
もちろん、特定の案件や企業に関する知識、経験、
習熟なども非常に重要ですが、、、

それ以上に大切なのは、現場や
その他の場面での『関係づくり』 だと酒井は考えています。

媚びを売るとか、下手(したて)に出るとか、そういう意味じゃありませんよ。
担当者をしっかり 『ひとりの人』 として認識して、
言葉のやり取りひとつ、対応ひとつ、丁寧に、誠実にこなしていく。
そういう 『当たり前』 の積み重ねで、いつの間にか
その方との関係性ができてきて、いつの間にか
スイッチング・コストが高まっている、だからリピートされる。

そんな通訳者が、これからも生き残っていくんじゃないかな、と思います。

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介