【スキルと収入】 スキルを磨いても稼げない通訳者

ピンクの豚の貯金箱

おはようございます!
”稼げる通訳者育成”コーチ、酒井です。

通訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、コーチとして独立して「通訳者になりたい!」「それも稼げる通訳者、売れっ子通訳者に!」「ずっと通訳をやっていきたい」「でも通訳の仕事が来ない・・・」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」「長くやっていればそのうち報われるはず」と思っている方を、通訳スクールも通訳エージェントも教えない、メンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

このブログではその経験を活かして通訳エージェントの本音、通訳コーディネータの本音をベースに、「稼げる通訳者になりたい!」あなたの役に立つヒントをお届けしています。

********************************

今日のタイトルは「【スキルと収入】 スキルを磨いても稼げない通訳者」です。

質問です。皆さんの周囲に、こんな通訳者さんはいませんか?

『通訳スキルが高いのに、なんであんなに苦労してるんだろう』
『もっと稼げてもいいと思うんだけどなぁ』

そして、こんな風に思ったりしていませんか?

『(自分よりよっぽどスキルが高い)あの人があんなに稼げない、仕事が来ないんだったら、私なんて、、、』
『あぁ、やっぱりこの業界、この言語、この仕事、稼げないのかな・・・』

酒井の周りでは結構耳にします。
実際、コーディネータ時代もたくさんいらっしゃいました。通訳スキルは高いのに、稼げていない通訳者さん。

一方で、周囲の通訳者さんからこんな風に言われていた通訳者さんもいました。

『どうしてあの人のスキルであんなに仕事が来るんだろう』
『あの人、リピートされるんですよね、どうしてなんでしょう?』

通訳者さんがよくする勘違いのひとつとして酒井がいつも挙げるのに、『スキルを上げれば仕事が来るという思い込み』があります。これを伝えていると、多くの方から「私もてっきり、そうだ(スキルを磨けば仕事が来る)と思っていました、、、」というコメントもいただいてきました。あなたは、もうその思い込みから解放されていますか?もしまだなら、早く抜け出しましょう(^_^)

クライアントは、何に対してお金を払っていると思いますか?

もしこれに対する回答が「通訳スキル」と出てきたのであれば、ちょっと危ないかも。とはいえ、そういう回答をする通訳者さんはたくさんいらっしゃいます、というか、ほとんどの方がそうじゃないかなという気もしますので、ご安心を。

カセツウのサポートを受けていただいた方なら、、、違う答えを出していただきたいところです笑。でも実は、このブログでも何度か答えは書いていますけれど。

ここが理解できると、グッと「稼げる通訳者」に近づけると思っています。しかも、上に書いたようにあなたのスキルは関係なく・・・(もちろん最終的には関係ありますよ!)

カセツウのFacebookサポートを受けている皆さんは、ぜひ「これじゃないかな?」を書きこんでみてくださいね(^_^)

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。

プレゼントの紹介