僕の夢は・・・

…………………………………………
カセツウ通信 2019.06.10
…………………………………………

【 カセツウ通信 】

image

酒井@沖縄・読谷村です。

ここしばらく、ずっと
イチロー作文のことを
考えています。

<僕の夢は・・・>

ぼくの夢は一流のプロ
野球選手になることです。

そのためには、
中学高校と全国大会に出て
活躍しなければなりません。
活躍できるためには練習が必要です。

ぼくは、3歳のときから
練習を始めています。
3歳から7歳までは半年
くらいやっていましたが
3年生の時から今では、
365日中360日は激しい
練習をやってます。

だから1週間中で友達と
遊べる時間は、5〜6時間です。
そんなに練習をやっているの
だから、必ずプロ野球選手に
なれると思います。

そして中学、高校と活躍して、
高校を卒業してからプロに
入団するつもりです。そして
その球団は、中日ドラゴンズか
西武ライオンズです。
ドラフト入団で契約金は
1億円以上が目標です。

ぼくが自信があるのは
投手か打撃です。去年の夏、
ぼくたちは全国大会に行きました。

そして、ほとんどの投手を
見てきましたが、自分が
大会NO1選手と確信でき、
打撃では県大会4試合のうち
ホームラン3本を打ちました。
そして、全体を通した
打率は5割8分3厘でした。

このように自分でも
納得のいく成績でした。
そしてぼくたちは、1年間
負け知らずで野球が出来ました。

だからこの調子でこれからも
頑張ります。そしてぼくが
一流の選手になったら、
お世話になった人に招待状を
配って応援してもらうのも
「夢」のひとつです。

とにかく1番大きな夢は、
プロ野球選手になることです。

↑↑↑↑↑

引退したイチロー選手が
小学生6年生の時に
書いた作文だそうです。

これを自分にあてはめて
自分の作文を書きあげる
ワークに取り組んでいます。

これができあがれば、
自分の夢、目標がハッキリ
して、そこに向かって
頑張る意欲が湧いてくる、、、
そんな気がしませんか?

でも、僕の夢は・・・の
続きがなかなか思いつかず。
普段、自分の夢について
こんなに考えることが
あまりないからですね。

それでも何度も考える内に、
「あ、これならワクワク
するかな・・・?」と思える
「続き」が出てきました。

なので、いまはそのさらに
続きを書き始めています。

「僕の夢は〇〇〇です。
そのためには〇〇〇
しなければなりません。
そうするためには
〇〇〇が必要です・・・」

あなたの場合は、
〇〇〇に何が入るでしょう。

あなたの夢は、
なんですか?

ぜひ考えてみてください。

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介