苦しいリハビリが楽しく?

…………………………………………
カセツウ通信 2019.07.02
…………………………………………

【 カセツウ通信 】

image

酒井@富山です。

母の膝の人口関節手術から6日。

<苦しいリハビリが楽しく?>

今日(7月1日)も見舞いに
行ってきたんですが、
お医者さんも驚くくらいの
快復ぶりのようで笑

手術から6日しか経って
ませんが、歩行器を使って
2階下のカフェにコーヒーを
飲みに行けるくらいに
なってました(^_^)

相変わらず病院の食事が
おいしくないとかそういう
いろんな話をしながら、
リハビリの話になりまして。

毎日膝を曲げる角度が大きく
なっていくんですが、母から
「最近はリハビリが楽しい」
なんて言葉が。

普通、というか、母だって
そうでしたが、リハビリって
基本的には「痛い、しんどい」
ものなはずなんです。
それがなんと「楽しい」と。

毎日少しずつ良くなっていく、
歩けるようになっていく
感覚があるからだそうです。

先日のメルマガで、
母の膝の手術を受けて
こんなことを書きました。

↓↓↓↓↓

(普通に歩けるような)
「理想の状態」に至るまでには、
手術、リハビリといった
「ツラい状態」もセットでついて
きたりするんだよな、なんて。

でもそこを乗り越えると
「理想の状態」が待っている…

そう考えればつらいリハビリも
乗り越えることもできます。

↑↑↑↑↑

ここに書いていたことは
やっぱり正しかった、と
思いました。

「理想の状態」の手前には
「ツラい状態」がある、
でもそれすらも「理想の状態」に
繋がっていると感じられれば
楽しくなる・・・

母の場合は思ったよりも
かなり速かったみたいですが笑。

僕にもなりたい状態、
理想の状態があります。

そこに向かっているだろう
苦労や努力はどんどん
引き受けていこう、なんて
改めて思えた言葉でした。

あなたもぜひ(^_^)

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

無料レポートプレゼント

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。