酒井流・後悔の処理方法

…………………………………………
カセツウ通信 2019.07.11
…………………………………………

【 カセツウ通信 】

image

酒井@富山です。

【頑強(がんきょう)】

1 自分の態度や考えを
かたくなに守って、外からの
力に容易に屈しないさま。

2 がっしりとして丈夫なさま。

膝に人工関節を入れた母が
想定1ヵ月入院のところ
3週間で退院することになって
思い浮かべた単語(笑)
ひと安心(^_^)

<酒井流・後悔の処理方法>

「後悔してても何も
変わらないじゃん?
だったらさっさと気持ちを
切り替えて今後に繋がる
行動した方がいいよね」

って言うじゃないですか。

(って、言うじゃない…まで
書いて羽田陽区が思い浮かび
ましたが我慢しましただ笑)

僕も書いたことありますし、
それはその通りだと思っては
いるんですが、「とはいえ」
それでも後悔しちゃうことって
あると思います。僕もあります。

そんな時に僕がどんな風に
その後悔を「処理」しているか
って話です。

つまんない後悔で恐縮ですが、
昨日もついつい夜遅めに
インスタントラーメンを
食べてしまって…

朝、お腹が重い状態で
目を覚まして後悔です。

「また余計なもの
食べちゃったよ…」

こんな時。

あえて「後悔を味わう」
ようにしています。

「何回やるんだよ…」
「おなか重いし…」
「また太るし…」
「せっかく走ったのに…」
「こんな自分ヤダなぁ…」

後悔を味わうことには
大きくふたつの効果があると
思っていて…

ひとつ目の効果は
「復活が早くなる」こと。

ダラダラ、チラチラと何度も
「ああ…」と思い出して
後悔するよりも、集中的?に
と後悔、反省することで、

「これ以上考えても仕方ない!」

の心境になるまでの
時間が短くなります笑。

なぜなら後悔することも
「いつか飽きる」からです。

何度もそのことを思い出して
何度も後悔するよりも、
その数十分なり数時間なりで
飽きるまでやった方がいい。

そしてもうひとつの
効果が再発の抑止力。

後悔を無理に無視したり
押し殺したりするんじゃなく、
あえて味わうことで「もう
こんな思い(後悔)はしたく
ないなぁ」という実感が強くなる。

そうすると、今後同じことを
繰り返すことがなくなる…

可能性が…
少し高くなる…
と思う…。のです。

と書きながら、以前も同じように
夜に余計なものを食べた後悔を
してきているので口調がだんだん
弱くなりました(-_-;)

いや、でも単に「忘れよう!」と
するよりは我慢は長持ちしているはず…

まあ、「後悔も使いよう」
ということで…笑 <(_ _)>

カセツウ・ビジネススクール
酒井秀介

無料レポートプレゼント

以下のフォームから質問や相談ができます。匿名でも可能ですので自由に質問をお送りください。
こちらにいただいた質問へのご回答はメールマガジン【カセツウ通信】やブログにてご回答いたします。(ご回答時期はお約束できませんのでご了承ください)

また、記事の感想や「こんなことを書いて欲しい」などのトピックのご提案も大歓迎です。

※個別具体的な内容やお急ぎの回答をご希望の場合はメールマガジンに登録の上、専用のフォームからご連絡ください。